性欲が強い彼女を年下のアソコの大きな男に抱かせてみた話


寝取られ体験談スレより

42_14
1: 投稿者:コウタ ◆SCTij9jzag 投稿日:2015/09/01 22:03:45

私たちは同棲して3年になる20代のカップル。

彼女の名前はカナ。155センチでEカップ少しぽっちゃりですが
肌は白くハリがあり抱き心地は抜群。

僕はコウタ 174センチでアソコの大きさも普通くらいだと思っている。

今現在も貸出など関係は続いているのですが
きっかけは3Pだった。

正直付き合いも長くなりセックスもマンネリ化していた。
彼女は元々性欲が強く、セックスレスではなかったのですが
毎回同じような行為にお互い刺激が足りなくなっていた。

そこで考えたのが3Pでだった。
カナも乗り気で僕はすぐに掲示板で単独男性を探した。

今思えば他の男性に彼女を抱かせる事に興奮していた僕は寝取られ好きだったのかもしれない。
しかしその時はそういった知識もなくただカナとしてくれる人を探していた。

実際沢山のメールをいただき、何度かメールのやり取りをした結果1人の男性に絞ることが出来た。

ユウ 23歳 180センチ 70キロ

30歳以上の応募が多かったが彼は礼儀もしっかりしていて信頼できそうな感じだった。
何より写真を送ってもらったのがイケメンでアソコもすごく大きかったのが決め手になった。

今回僕自身寝取られ願望があることを自覚していなかったので普通に2人で彼女を責めたいと話していて
ユウさんも快諾してもらい、コンドームをつける事と彼女が嫌がるようなことも決してしないと約束してくれた。

しかし一つだけユウさんから要望があり
「シャワーを一緒に浴び、彼女に体を洗ってほしい」ということだった。
僕は少し悩んだがいい人そうということでこの件を飲んだ。

正直この行為が僕の寝取られ好きを加速させる原因の一つになったと思う。

日程を決め場所は三人で泊まれるホテルを探しそこで行うことになった。
カナは元々性欲もあり好奇心も旺盛なので
2人に舐められたり2人のものを舐めたりなど結構楽しみにしていた。

そして3P当日
写真通りイケメンのユウさんと合流しカナもテンションが上がっていた。
ホテルに入り
「ユウさんはよくこう言ったことしてるの?」
僕がそう聞くと
「たまにですよ。3Pっていうよりは寝取りの方が経験多いですけどね。」
「え?なになに?寝取り?」
カナがすごく興味ありげに聞いていたが
「まぁ……いろいろですよ。」
とユウさんはなぜかカナに説明したがらなかった。
カナは「えー」と拗ねていた。

その後も互いの事を少し話し
「じゃあ・・・そろそろ」
そう切り出したのはユウさんだった。
「あ・・・そうだな」
ユウさんは立ち上がるとカナの手を取り
「では、カナさんお借りします。」
そういうとニヤッと笑みを浮かべた。
僕は下腹あたりがムズムズするのを感じた。
ここで初めて僕は過ちを犯したのではないかと思った。
「え…じゃあ…行ってきます」
カナもそういうと2人で手を繋いだまま風呂場へ行ってしまった。

正直この時が一番ドキドキしたかもしれない。
自分の彼女が今日あったばかりの男と手を繋ぎシャワーを浴びる。
後悔か興奮かわからないですが凄くドキドキした。

「えっ!?脱がしてくれるの?」
脱衣所からカナの声が聞こえる。
カナは天真爛漫というかあまり物怖じしない性格で元々声が大きくあまり緊張しているといった感じではなかった。
それ以上にユウさんのイケメン具合にテンションが上がっていたのだと思う。
ユウさんはあまり大きな声でしゃべっていないのか声は聞こえて来なかった。
「そんなことないよぉ。恥ずかしいしユウさんも脱ぐ?」
はっきりと聞こえるわけではないのですがこんな感じでカナの声だけ聞こえてきた。
「えー。恥ずかしいなぁ」
この辺りは実際なにをしていたのかは分からなかったが後で聞いた話では服を脱がしていたそうだ。
その段階ではユウさんのアソコはまだ勃ってなかったそうですがすごく大きくてビックリしたと言っていた。

シャワーを浴びているときはシャワーの音にかき消されなのを喋っているのか聞こえなかった。
時々2人の楽しそうな笑い声が聞こえてきて不安な気持ちがより一層大きくなった。
カナの大きくて柔らかい胸を弄んでいるのか。
どんなふうに体を洗わせているのか
そんなことを考えモヤモヤしてると2人がシャワーを終え出てきた。

「コウタも入っておいでよ。」
カナが言う。
「お…おう」
2人がバスタオルを巻いて部屋に入ってきたのを見ただけで僕のアソコは大きくなっていた。
さすがのユウさんも少し大きくなっていがバスタオルからでも分るほどの大きさだった。

僕はシャワーを浴びているときに重大なことに気が付いた。
カナとユウさんは今2人きりで部屋にいる。
慌ててシャワーを浴び終え、部屋に向かうと
クチュ…クチュ・・・
と水っぽい音が聞こえてきた。
僕は少しその場で固まってしまった。
クチュ…クチュ…ぁん…
カナのいやらしい声も聞こえてくる。


2: 投稿者:コウタ ◆SCTij9jzag 投稿日:2015/09/01 22:05:21

僕は音を出さずに部屋に近づきそーっと覗いた。

すると僕の目に飛び込んできたのは
カナの頭に腕を回したユウさんと目を閉じ気持ちよさそうに口づけをする2人でだった。
少し遠目でもわかるくらいカナからも舌を絡めるような激しいキスでした。

我に返った僕はゆっくりと部屋に入った。
カナはビックリした様子でキスをやめあたふたとしていた。
バスタオルがはだけ片方の胸だけ出ていたのがいつも以上にいやらしく見えた。

カナはとても恥ずかしそうにしながらもユウさんの隣からは離れなかった。
「すいません。コウタさん…我慢しきれなくて」
ユウさんが申し訳なさそうに言った。
「でも本当にカナさん凄く可愛いですよね。僕本気で惚れちゃいそうです。」
「またまたぁ」
カナはすごくうれしそうにそう言った。
「キスだってすごく良かったですよ。」
カナは顔を真っ赤にさせていた。
傍から見ていたら惚れているようにしか見えません。
「カナ、ユウさんに惚れたんじゃないの?」
バクバクしているのを抑えそういうので精一杯だった。
「そんなことないよ!私はコウタだけだよ。」
カナの言葉にホッとしたのは一瞬だけだった。
ユウさんはバスタオルからこぼれた胸を揉みだした。
ぁんと小さい声を出し感じたようなカナの顔を見ているしかできなかった。

「そんなとこに立ってないで一緒にどうですか?」
「う…うん。そうだな」
「じゃあ一緒に攻めていきましょうか。」
この間にもユウさんはカナの胸を揉むことをやめません。

「カナ…ユウさんのキスどうだった?」
「え?…んーコウタとはなんか違った…かな?」
「ふーん。ユウさんの方がうまいってことかな」
「ぁん…そんなことないよ…コウタ…キスして?」

クチュクチュ…ぁん…クチュクチュ

「どうでした?彼氏のキスは」
ユウさんがカナの乳首を舐めながら言う。
「ぁぁん…え…気持ちよかったよ…」
そうしてる間もユウさんの舌はカナの乳首を転がしそのたびにカナは可愛い声をあげていた。
「僕のキスより良かったのかな…」
ユウさんはそういうと再びカナにキスをしました。
すぐ近くで見る自分の彼女のキスはすごく新鮮でいやらしくみえました。
「舌出して」「もっと絡めて」「可愛いよカナさん」
ユウさんはキスの間にもカナにやらしい言葉をかけていた。
「カナさん…口を開けてください…」
ユウさんが静かにそう言った。

何をするつもりなんだ?
僕はそう思いながら2人のキスをただただ見ることしか出来なかった。
「ん…」
カナは少し口を開けユウさんの方を見た。
「すごく気持ちよかったよ」
なんとユウさんはそういうとカナの口に唾液を流し込んだ。
「ごめんなさい、カナさんがすごく可愛くて…つい」
カナはビックリしたような顔でユウさんを見ていた。
「でもカナさんが嫌じゃなかったら飲んでほしいな。」
ユウさんは優しい顔でカナを見つめカナも愛おしそうな顔でユウさんを見つめていた。
僕などここにはいないかのような2人だけの世界だ。
ゴクッ…
小さくそう聞こえ「ありがとう」とユウさんはカナを抱きしめた。

反対側にいた僕はユウさんと目が合う。
「コウタさんスイマセン。僕もう少しカナさんとキスがしたいので。」
そういうとユウさんはカナを後ろから抱きかかえるようにし両足を持ってアソコが見えるようにした。
「カナさんのオマンコ舐めといてもらってもいいですか?」
え?え?とカナはビックリしていた。
僕はすでにユウさんの言ったとおりにするしかなく
カナのアソコを一心不乱に舐めた。
「ぁん…コウタ…気持ちぃ…んんん…ぁぁん…」
カナはいつも以上に濡らして舐めても舐めても溢れ出てきた。

「あぁ…最高ですよカナさん…」
「ふふ…ありがとう…ぁん…私もよかったよ…」
その後もユウさんはカナとキスをしながら胸を揉み乳首を指で弾いていた。
僕はその間もカナの股間に頭を入れ必死に溢れ出る愛液を吸った。

するとユウさんが
「コウタさん、少しゲームみたいなことしませんか?」
そう提案してきた。
「ゲーム?」
「はい。ダメならいいんですけど、カナさんに目隠しをして僕かコウタさんどちらかを当ててもらうというものです。」
「目隠し?持ってるの?」
「はい。恥ずかしながらこんな事もしたいなと思いアイマスクを持ってきています。」

「どう?見えない?」
アイマスクをしたカナに聞く。
「うん。真っ暗…ドキドキしちゃう…」
「気持ちいいことしかしないですから安心してください」
ユウさんが甘い声で囁くとカナはブルっと体を震わせ小さく「はい…」と答えた。


3: 投稿者:コウタ ◆SCTij9jzag 投稿日:2015/09/01 22:10:16

「じゃあどっちが彼氏かしっかり当てて下さいね。」
ユウさんはそういうとカナに激しくキスをした。
ん…ぁんん…ぁぁ…はぁはぁ…
10秒ほどの短いキスでしたがこんなにも息の切れる姿を見たのは初めてだった。
ユウさんはカナから離れると(どうぞ)と目で僕に合図をした。

あんなキスの後にどうすれば良いかわからなかったがいつも通りのキスをした。
んん…ぁぁ…
僕もカナに10秒ほどキスをしたがいつものようなキスではなく
カナから必死に舌を絡めようと動かしていた。
僕はカナとそこまで激しいキスをしていなかったのだと実感させられた。

「どっちかわかったかな?」
ユウさんが優しく聞いた。
「んーあと…かなぁ?」
「どうしてそう思うの?」
「ぇっと…いつもしてる感じだったから…」
すぐに嘘だと思った。
カナは僕にもユウさんのようなキスを求めていたのだから…
「良かったですね。」
ユウさんは僕に向かってそう言った。

「じゃあ次行ってみましょうか!」
「え?まだするのぉ?」
カナは甘ったるい声を出していた。
「うん。じゃあ次は口を開けてくれるかな?」
ユウさんはそう言うとバスローブを脱いだ。
半分くらいにしか勃起していない状態でも僕のモノより遥かに大きいことが分かった。
「こお?」
目隠しをされ大きく口を開けるカナの頭を持ち自分の股間に近づけた。
んんん??
カナはあまりの大きさにびっくりしたようだが何をされるか予想していたのだろう
次にはしっかりと口を動かしユウさんのモノをフェラしていた。

30秒くらいだろうかユウさんはゆっくりとカナから離れた。
カナの口からは入れた時よりも大きくなったモノが出てきた。
カナは余程大きな口を開けていたのかコホッコホッと咳き込んでいた。

そしてまたしてもユウさんに目で合図を受ける。
僕はバスローブを脱ぎカナの口元へ持っていった。
カナは僕のモノに気付いたのかパクッと咥えた。
ユウさんの時とは違い舐めやすそうに感じた。
ユウさんへの劣等感とこの状況にすぐいきそうになったがどうにか我慢しカナから離れた。

「どうだった?カナさん…どっちか分かったかな?」
「ぇっとぉ…」
カナはとてもいい辛そうにしていた。
「大丈夫。これはゲームだし当てれた方がコウタさんも嬉しいと思うよ。」
ユウさんがそういうと
「……後のがコウタ…かな?」
カナはすごく小さな声でそう答えた。
見るからに違うのだから咥えたってわかるのだろう。

「正解。カナさん凄いですね!やっぱり長年付き合ってるだけありますね。」
ユウさんはそういうとさらに続けた。
「じゃあ次は新しいゲームをしましょうか。」

今思うとこの時には完全にユウさんに支配されていたんだと思う。
ただ、先に言っておくがユウさんとは今も良好(?)な関係を築いている。
年下なのにさん付けなのも理由があったりするのだがそれはまたかけたら書こうと思う。
カナをユウさんに性支配され完全に寝取られたとかそういったことはないく
お互いの趣向の中で今も楽しくやっている。

少し話が逸れたがユウさんは座っているカナの前に立ち僕にもそうするように言った。
「カナさん…両手を貸してください。」
ユウさんはそう言ってカナの手を取り僕のモノと自分のモノを握らせた。
僕のは余裕で指が回っているのに対してユウさんはギリギリと言った感じだ。
「目隠しを取ります。」
そういうとカナのアイマスクをゆっくりと外した。

「え?凄い…」
カナの目線も言葉もユウさんのモノに対してだった。
マジマジと見るカナに握られているだけでいきそうになった。
「次のゲームってなに?」
カナはユウさんのモノから目を離さず聞いた。
「うん。その前に一つ聞いてほしいんだけど。」
ユウさんはそう前置きし話し出した。

「さっきも言ったようにこれはゲームだし、今回のことも2人の為でもあると思うんです。
だから相手に遠慮することないし、みんなが気持ちよくなれたらイイなと思ってます。
僕はカナさんをコウタさんから奪う気もありませんし、2人の刺激になればいいなと思ってます。」

カナはユウさんの目を見ながら右手に僕のモノ左手にユウさんのモノを握り真剣に聞いていた。

「だから次のゲームはカナさんに正直に答えてほしいんです。
コウタさんにとってもそれが刺激になると思うので…」

「うん。わかった。」
カナは真剣な顔でそう答えた。


4: 投稿者:コウタ ◆SCTij9jzag 投稿日:2015/09/01 22:11:12

「ありがとうございます。じゃあ次のゲームですが
今カナさんが握っているモノ…どちらのモノを先に入れたいか、入れたい方の先端にキスしてください。」

胸にとても重いものがのしかかるような感覚でした。
まさかカナにどっちから入れるか聞くとは思っておらず聞いた瞬間汗が一気に引くのを感じた。

「どうですか?」
「そんなの…私決められないよ…」
「さっきもいいましたがこれはゲームですから」
「ゲーム…」
カナはそういうとゆっくりと動き出した。
この瞬間はすごくスローに感じ
やめてくれ、やめてくれ。と心で叫びながらも止めることが出来なかった。
カナは僕のモノを握っている手を離し、ゆっくりとユウさんのモノへ近づき
チュッ
と音をだしユウさんのものに優しいキスをした。

「あぁ…恥ずかしいよ…ごめん…コウタ…」
カナは顔を手で覆いながらそう言った。
「どうして僕を選んでくれたんですか?」
「ぇ…と…すごく大きくて固いから…かな?」
カナは顔を覆ったままそう言う。
「ありがとう」
ユウさんはそういうとカナの手をどけ優しいキスをした。

「でも、ゲームとは言え彼氏の許可なしには出来ないですよね…」
そういうとカナの耳元な何か言った。
「さぁ、聞いてみてください。」
「無理だよ…そんなの…」
「大丈夫です。コウタさんはきっと許してくれますから。」
「ほんとに?」
カナは少し黙ってしまったが意を決したように僕に向かい言う。
「コウタ…ユウさんに入れてもらっていい?」
「入れてもらいたいの?」
僕がそう聞くとカナは小さく頷いた。

「では、コウタさんカナさんいただきますね。」
そう言ってカナを寝かせた。
「カナさん…入れますね…」
「うん…」
「ちょっと痛いかもしれないので痛かったら行ってください。」
「うん…」

「あっぁぁん…すごい…なにこれ…」
「大丈夫ですか?」
「うん…すごく大きい」
「ありがとうございます。コウタさん見てるのに他の男とSEXしちゃいましたね。」
「言わないで…」

極太のモノがカナに出たり入ったりするのを見るのは正直つからった
しかし今までで一番勃起していたかもしれない。
カナもそれに気づいたのか
「コウタ…ごめん…でも凄く気持ちいの…」
そう言いながら僕のモノを握ってきました。
「ぁぁん…すごい気持ちぃ…」
「コウタさんの舐めてあげたらどうですか?」
そういうとユウさんはカナを四つん這いにしバックで入れた。
「コウタ…すごい…いつもより…ぁン…固いし大きいよ…」
「うん。すごくきれいだよカナ。」
そのまま咥えてくれたカナだが後ろから突かれながら舐めるのはすごく難しそうだった。
ん…ン…っと僕のモノを咥えながらもユウさんのモノに感じていました。

「どう?ユウさんのは」
「え?ぁん…恥ずかしいけど気持ちいぃ」
「僕のより?」
「そんなことないよぉ…」
「ありがとう。」

僕とカナの会話を聞いていたユウさんは
「じゃあ試してみてください。」
そういうとカナから自分のモノを抜きました。
「入れてみたらわかりますよ。」

「入れるよ…カナ」
「うん」
僕はカナの中に自分のモノを入れたがいつもと全然違うことを感じた。
直前までユウさんに入れられていたからか凄くゆるかった。
カナの表情もあれ?といった感じだった。

「どうですかカナさん…」
「う…うん…気持ちいいよ…」
「ほんとですか?」
「ほんとだもん…」

カナとユウさんの会話はすごく余裕があり
ユウさんに入れられている時とは全然違った。
「ほんとに?素直に言っていいんだよ。」
僕がそういうと
「ぁん…ごめん…コウタ…ユウさんの方が気持ちいい。」
自分で言ったものの凄く後悔した。

「じゃあユウさんに入れてもらう?」
「え?いいの?」
カナは嬉しそうに言ったので快諾する他なかった。
「じゃあユウさんにお願いしてみて…」

僕はカナはまた恥ずかしがるかなと思っていたが
「ユウさんお願いします。入れて…」
すぐにそう言った。

僕はすぐにモノを抜くと交代するようにユウさんが挿入した。
「あぁぁん…凄い…ぁぁぁ」
「入れただけで軽くいきましたね」
「ユウさん…ユウさん…」
カナはそういうとユウさんの首に手を回しキスをした。
「カナさん…ほんとにかわいいですね…」
ユウさんのスピードとカナの喘ぎ声がどんどん大きくなった。
僕は横で見ている事しかできなかった。

「コウタさん…カナさんの胸に出していいですか?」
「え?…ぁ…うん」
「ありがとうございます。」

そういうとユウさんはよりスピードを上げた。
「カナさん…いきますよ…」
「あぁぁ…私も…わたしもいっちゃう…」
「いっしょに行けそうですか?」
「うん…あぁぁん…ほんともういっちゃうよ…」
「僕も……あっ…」「いくっ!」

ユウさんは急いでカナからモノを抜くとカナの胸めがけて出した。
「凄く良かったですよ…カナさん…」
放心状態のカナにユウさんがキスをしていた。
「コウタさんも次どうですか?」
ユウさんの言い方がすでに僕のモノじゃないような気がしてしまった。

「カナ入れるね。」
返事を待たずにユウさんので緩くなったカナに挿入した。
ん…
カナの反応はやはり薄かった。

「カナさん…」
ユウさんはそういうとカナの口元にモノを近づける。
正上位でカナを突きながらなのでその一部始終がはっきりと見えた。
カナは僕が腰を振っているにもかかわらず、さっきまでとは違いとてもおとなしく
さらに差し出されたユウさんのモノを握りそのまま口の中へ入れた。
お掃除フェラなどしてもらったことのなかった僕は当然のように口に入れるカナを見て
僕は入れて数分で出してしまった。


5: 投稿者:コウタ ◆SCTij9jzag 投稿日:2015/09/01 22:20:46


「あれ?終わったの?」
ユウさんのモノを綺麗にし終わったカナが聞く。
「う…うん」
「そっか」
カナは明らかに物足りなさそうな顔をしていた。

ゆうさんは
「今日はありがとうございました。また連絡します。」
とあっさり帰ってしまった。
カナは少し寂しそうでしたが僕はそれでよかったかなとその時は思った。

その後もこの日の事をネタに夜の生活も激しくなり
やっぱりユウさんの大きなモノが忘れられないのかなとか思いながらも
しっかり感じている(フリ?)カナを見て安心していた。

ユウさんとも何度かメールでやりとりをしたが
またやろうといった感じではなく
「カナさんの胸は最高だった」とか「フェラの舌づかいが良かった」など
メールでも興奮してしまうような内容が多かった。

ここからカナを騙してゆうさんに寝取ってもらったり
ユウさんに貸し出したりと凄く濃い性生活をすることになるのですが
それはまた気が向いたら書こうと思います。

何か質問とかあればコメントください。


6: 投稿者:ニケ 投稿日:2015/09/02 17:10:42

初めまして。
楽しく読ませて頂きました。
大興奮ですね。
続きもお願い致します。


7: 投稿者:ゆう ◆CoudB9M4c2 投稿日:2015/09/02 18:41:20

なかなか手慣れた相手に出会えた様ですね(^_^)
私の場合は、相手が興奮して早く終わったり、デカいだけでテクが無かったりで彼女が満足出来ずに終わってしまうパターンなので(@_@)
今は4人目のパートナーで、限定貸し出しですが(^-^;)
あまり若く早い時期からこの世界に入ると、行き詰まり感が出ないか心配ですが…
私もデカチンが入った後の緩まんが好きで、緩いのに早くイってしまった事あります(^^ゞ
お二人仲良く刺激にされているようなので、続きお願いします(ゝω・)


8: 投稿者:コウタ ◆SCTij9jzag 投稿日:2015/09/03 02:23:39

コメントありがとうございます。
この話の後、イロイロありましたので
それについても書けたら投稿します!
この続きの方がいいのか
別にまた新しく投稿したらいいのか
どうしたらいいのでしょうか?


9: 投稿者:(無名) 投稿日:2015/09/03 07:33:37

続きで書いていただいた方が良いかと思います。
楽しみにしてますね!


引用元サイト:ナンネット|知り合いの人妻
引用元掲示板:寝取られ体験談 > 彼女が年下の男に…


注目ニュース

相互RSS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。