女王様とセックスした話

Decrease Font Size Increase Font Size Text Size Print This Page

SM20
1:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 00:39:21.22 ID:byxV4ZFmi
立つかなー
そして需要あるのか

2:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 00:39:51.29 ID:SRrNnDTP0
あるよ

3:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 00:40:07.59 ID:dLJEFFkp0
聞かせて

4:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 00:40:44.51 ID:byxV4ZFmi
文書下手だし書き溜めてないけど語らせて下さい


当時20歳女

相手
30代?女
ビアン寄りのバイらしい
SMクラブの現役女王様

5:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 00:42:45.11 ID:ZxqdcBgJ0
ゆりー

6:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 00:43:05.86 ID:byxV4ZFmi
数年前の話

当時私は社会人として普通に昼間働く傍ら、お金が余りにも無くて副業というかかけもちしようと考えてた

ただシフト制だったから普通にバイトするのは体力的にも時間的にもしんどいし、迷惑がかかる

キャバクラや風俗で働くのは怖いし気持ち悪いし…って事で選んだのは触られないし触らなくてもいいSMクラブ

この考えが甘過ぎて後々大変な事になるんだけども

7:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 00:43:18.30 ID:8yDfh1dTi
女かよw





期待

8:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 00:43:44.34 ID:SRrNnDTP0
エロ描写頼むぞ

9:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 00:45:23.37 ID:byxV4ZFmi
ほわほわした百合じゃないので、なんか申し訳ない

面接受けに行ったら即採用
その場でオーナーとドンキ行ってつけまつげやらカラコンやら買ってもらった

待機場所案内されると、そこには全身タトゥーの女王様が居た
まじで怖い
ものすごい勢いで睨みつけられたように感じたけど挨拶したら割と普通の人

12:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 00:49:40.95 ID:byxV4ZFmi
私は普段のっぺら化粧なので、女王様メイクを教わって、源氏名(ここではエマとします)つけてもらった
くそつり目wwwとか思ったけど実際ボンテージとか着ると割と良い感じ
ちょっとわくわくした

そんなフェティッシュファッションのままプロフィール用のアンケート書いてたら、気だるそうに出勤してきた女王様
それが私が後々セックスする事になるローズ女王様(勿論仮名)

あまりの貫禄というかオーラに、三つ指ついて挨拶したら微笑んでくそわざとらしく「オーナーから聞いてますよ、エマさん?よろしくね」って言われた
なんだこのババアと思ったけど、この人はこういう喋り方らしい

16:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 00:54:12.96 ID:byxV4ZFmi
ローズ様はその店で一番長くいる女王様らしく、指名は勿論トップだしDVDとかも出してる
講習として色々教えてもらった
縄の縛り方とか、鞭の使い方とか、前立腺の位置とか本当色々

私は待機場所と家とが離れてるって事もあり、次の日仕事が無い日はラストまで入って待機場所に泊まったりしてた

ローズ様は私が寂しくないように(当時は店のもの勝手にパクったりしないようにだと思ってたけど)一緒に泊まってくれて、お話してくれたりDVD観たりした

18:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 00:57:56.64 ID:byxV4ZFmi
なんというかSMってのは割と奥が深くて、一口には語れないなとは思ったけど、女王様は皆良い意味でナルシストだった

ローズ様はその中でもダントツにナルシストで、時々料理を作っては感想を求められ「美味しいです!」って答えたら「それは当たり前でしょ?その美味しさは貴女の口に合うかってお伺いしてるのよ?」とか言われたりしてた

20:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 00:59:22.83 ID:el/6HA5v0
すげー、ローズ様本物じゃん
お相手されてー

22:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 01:01:41.89 ID:8yDfh1dTi
ををを…いいなぁ、ローズ様。
その口調で淡々と責められたいw

24:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 01:02:52.31 ID:byxV4ZFmi
ちょっとのろけぽくなるからトントン拍子に話すね!

2ヶ月くらい経ったある日、ローズ様と一緒にお呼ばれする事になった

うちは派遣型?デリバリー型?のSMクラブで、1時間いくらとかで貰ってるんだけど、2倍払えば2人指名できる
要は女王様2人からいじめられたい人向けのコース

まさかの一番長くいらっしゃるローズ様と、一番短い私の2人で呼ばれるとは思わなかった

25:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 01:05:54.33 ID:byxV4ZFmi
支援ありがとうございます!!

で、ド緊張の中出陣してみたところ、もう最初から私とは大違いでひっくり返りそうになった

プレイ前にご挨拶とか、容赦無くピンヒールで乳首踏むとかもう何もかも私とは違う

私は何もできずにただただ「嬉しいか?ローズ様にいじめられて嬉しいか?」とか、ええか?ええのんか?みたいな台詞しか出てこなかった

27:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 01:07:26.07 ID:8yDfh1dTi
ええのんかワロタ

29: 【ぽち】 詐欺師 :2013/09/26(木) 01:08:43.84 ID:6Yy4OlWk0
支援

30:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 01:10:03.21 ID:byxV4ZFmi
慌ててる事に気付かれないようにオモチャにゴム被せてる間にローズ様が縛り上げ
見事な縄さばき

ローズ様のご提案で、そのM男を四つん這いにさせて左右から交互に鞭で打ったり、両乳首捻りあげてどっちが先に千切れるかーとかやったりしてたんだけど、その間私は冷や汗だくだく

で、何故か下着がビショビショだった

32:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 01:15:13.61 ID:byxV4ZFmi
質問とかあるようでしたら後でドシドシ受付ます!!!!あるかな!!!!

そしてM男歓喜で90分終了
M男を見送るまで、見送ってからも女王様の風格、息一つ乱れてない

片付けしながら「エマさん、帰ったらお話しましょうね」って笑顔で言われて聖水漏らしそうになった

なんとか耐えて「は、はひい」みたいな返事する私

35:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 01:20:30.63 ID:byxV4ZFmi
待機場所に帰ってローズ様からの「そこに座ってくださる?」とのお言葉に即正座
「足は崩して良いの。でもエマさんはその方が聞きやすいわよね?」と軽いジャブ

話は頭が真っ白で覚えてないけど、とにかく私の女王様は、女王様ではないというお話でした
私号泣

号泣する私の両手に左手、頬に右手を乗せて下さるローズ様

「エマさんは女王様には向いてないかな」
「はい…ごめんなさい…」
「…ほら、向いてない。そんな可愛いお返事される方に女王様は務まらないわ」

ん?

38:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 01:24:22.70 ID:byxV4ZFmi
「貴女自分でお気付きじゃないかもしれないけれどね…Mの要素が強いんじゃないかしら」
「…えーと」

頬をつねられる

「痛い?」
「はい」
「あら、ごめんなさいね。じゃあすぐにやめて差し上げないとね?」

更に強くつねられる

「いえそんな」
「やっぱり。貴女ドMなのね?」

頬を優しく撫でられる

ビショビショの私

40:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 01:31:33.87 ID:jDciHBpj0
パンツ脱いだ
はよ

42:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 01:36:59.42 ID:SdTE+vkI0
いい
凄くいい

43:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 01:37:30.64 ID:byxV4ZFmi
「いいの、いいのよ。わたくしは趣味と実益を兼ねてこのお仕事させていただいているけど、エマさんもそうあるべきだ、なんて思わないわ」
「はい」

じっと目を見つめられる

「でもね?お仕事中に、わたくしにいじめられたい…なんて顔しちゃいけません」
「そんな顔してないです…」

ここで耳たぶに爪を立てられる

「そう。じゃあわたくしの勘違いなのね?貴女は今、嫌で嫌で堪らないのね?」
「そんな事ないです!」

スーパーローズタイム

「あら?貴女さっきそんな顔はしてないって仰ったんではなくて?」
「…はい」
「そうよね。貴女嘘をついたのね?」
「嘘では…」
「貴 女 嘘 を つ い た の ね ?」
「…はい…ごめんなさい…」

耳たぶが千切れそうに痛い
ただ何のマインドコントロールなのか、すごく気持ち良くてこのまま続けてほしいと思ってた

「わたくし、嘘をつく子は嫌いです」
「…ごめんなさい…!ごめんなさい…」
「もう帰ります。貴女にもし償う気があるなら、貴女が今夜わたくしに謝罪する為に、わたくしの家を教えて差し上げてもいいんですよ」
「教えて下さい!」

もうだめだと思った
ローズ様が本当に怒ってて、店を辞めさせられる事も、二度と口をきいてもらえなくなる事も怖くて必死に住所をメモした

書くの下手で申し訳ない

47:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 01:42:21.63 ID:byxV4ZFmi
ラストまであと2時間あったけど、ローズ様の居ない待機場所で過ごす2時間は何故か苦痛だった
まわりの女王様にも心配されたし、早く上がらせてもらえる事もできたけど、もしそれがローズ様にバレたらそれこそ嫌われると思って真剣に時間が過ぎる事だけを考えてた

幸か不幸かその後は指名も入らずラストの時間になった
普段は先輩女王様を送り出して、待機場所の掃除してボンテージや下着の洗濯して出るんだけど、この日は皆さんの好意もあってとっとと帰らせてもらった

次の日は仕事昼からだったし、泊まっていくつもりだったから着替え等のお泊まりセットを引っつかんでローズ様のご自宅へタクシーで向かった

48:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 01:49:28.08 ID:q4Gud6GJ0
早く続きをお書きなさい。

49:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 01:50:22.59 ID:el/6HA5v0
待っている人がいるのですよ!

50:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 01:50:28.18 ID:SdTE+vkI0
寝落ちだなんて許しませんよ?

51:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 01:55:05.90 ID:m9LBuQac0
ほら早く書きなさい。私をイライラさせるおつもりで?

52:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 01:55:39.73 ID:byxV4ZFmi
ローズ様のご自宅はオートロックがついてる、八度見するくらいの超高級マンション

部屋番号押してローズ様の声が聞こえた瞬間何故か泣きそうになった
「そこで待ってらして」と言われて、自動ドアはその場では開かずローズ様が直接降りてこられた

エレベーターに乗ってローズ様のお部屋へ
心臓が口から飛び出てローズ様のネグリジェ?を汚してしまうんじゃないかとかわけの分からない事をずっと考えてた

ドアを開けたら、なんというか甘いお花の蜜みたいな匂いがした

54:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 02:02:45.96 ID:byxV4ZFmi
ものすごく広いお部屋だった
照明が薄暗い赤にしてあって詳しくは分からなかったけど、とりあえずセンスの良いお部屋

ローズ様はソファに腰掛けて「お座りになって?」と仰ったんだけど、私はソファに座れば良いのかはたまた少し離れたところにある椅子に座れば良いのか分からなくてローズ様の足元、床に座った

「何か飲まれる?それともすぐに仰りたい事がお有り?」
との言葉に、私は堰を切ったようにごめんなさいと許して下さいを連呼してた

「エマさん、貴女は賢い子でしょう?
どうしてそんな事しか仰れないの?
あたくし女の子は皆さん可愛くて好きだけれど、貴女はその中でも賢くて大好きよ」

突然の大好きって言葉に全身が震えてまたおしっこ漏らしそうになった

55:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 02:03:11.72 ID:0wiBh/n30
貴女は焦らすのが本当にお上手ですわね…

58:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 02:06:42.16 ID:EzlIOiI70
追いついた
つ④

62:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 02:12:08.11 ID:byxV4ZFmi
下がふかふかのラグ?絨毯?でなければ確実に漏らしてたと思う

「ローズ様と折角ご一緒させていただいたのに、ちゃんと○○(M男)さんを躾られなくてごめんなさい。今後はもっと…」
「わたくしね、今はあんな男の名前なんて聞きたくありません。
ねえ、わたくしは、そんな事で貴女を叱ったわけではございませんのよ?」

そこからは言葉が出てこなかった
私は正座してたんだけど、ローズ様は片足のつま先を私の太ももに乗せて体重をかけてきた
じわじわ痛い

「わたくしは、貴女がはしたなく、わたくしに虐められたいなんてお顔をされてるのに、平気で鞭を振るっている事を叱っておりますのよ?
本当はわたくしに鞭を振るわれたくて仕方ないんではなくて?」

足の爪が太ももに刺さる

67:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 02:18:47.43 ID:byxV4ZFmi
ここで、違うなんて言ったらまた叱られる気がして、でももっと叱られたくて…みたいなジレンマに言葉が出てこなかった

「あの…あの…」
「今もこうして痛い筈なのにやめての一つも仰らないで、そんなに可愛い顔をなさるのね?」

ローズ様はお店では女王様だから勿論M男に可愛いなんて言わない、多分
そう思ったら嬉しくて嬉しくてたまらなくなった
たまらなくてローズ様の足に触れてた

「やめないで下さい…」
「あらどうして?」

ローズ様は目が大きくてキラキラしてて、薄暗い中でも見つめられると目が離せなくて心の芯の芯まで見透かされてるような気になった

69:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 02:20:18.77 ID:tmZPUh780
沢尻エリカで再生していいのこれ

71:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 02:22:28.80 ID:86C4bI/10
>>69
間違いないww

70:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 02:22:16.68 ID:EzlIOiI70
>>69
俺は松雪泰子で再生してる

76:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 02:28:18.03 ID:8yDfh1dTi
>>70
松雪いいな

75:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 02:25:36.89 ID:tkEtmpnh0
>>69
自分は杉本彩

72:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 02:23:40.68 ID:HrIJMdt/O
お続けになって?

73:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 02:24:08.29 ID:byxV4ZFmi
「ローズ様に虐められたい…」パァンッ!

ビンタされた
そんなに強くじゃないけど、音がするくらい

「虐められたいの?それとも…」

頬を優しく優しく撫でられた

「愛されたい?」

頭がクラクラして沸騰しそうだった
涙と、汗と、汁とで全身ビショビショになってた

「どっちも…どっちも下さい…」
「はしたないのね…とても可愛い」

78:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 02:30:38.53 ID:byxV4ZFmi
「わたくしね、エマさんをペットのように愛して、家畜のように虐めて差し上げたいと思っていましたのよ?」
「ありがとうございます…」
「首輪をつけて差し上げる」

立ち上がったローズ様がチェスト?の中から首輪を取り出すのを正座のまま見てた
振り返ったローズ様は私に

「あら?エマさん、今わたくし首輪をつけて差し上げるって申し上げたの、聞こえなかったかしら?」
「えっ…いえ…」
「そうよね。でしたらどうしてペットで家畜の貴女は服を着ていらっしゃるの?」
「は、はい…!」

急いで服を脱いだ
下着も脱いだ
糸を引くくらいパンツがビショビショだったけど、ローズ様はそれをきちんと畳んでソファにおいてくださった

79:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 02:35:05.38 ID:byxV4ZFmi
裸で四つん這いになる私にローズ様は優しく首輪をつけて下さった

「いかがかしら?」
「嬉しいです…」
「嬉しいのは当たり前の事でしょう?似合うと思う?」
「分かりません…自分では…」

思い切り鎖リードを引っ張られた

「とてもよくお似合いよ」

ローズ様が微笑んでた

81:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 02:39:35.03 ID:byxV4ZFmi
「わたくしの家畜に相応しいか身体検査をしないといけませんわね?」
「はい…お願い致します…」

ローズ様が私の首に触れた
首は汗でビショビショで、髪の毛がへばり付いてたから、ローズ様はそれをかきあげて下さった

肩、腕、手首と順番に触れられて、ローズ様の手が温かくて気持ち良いなと思う反面早く胸とかクリとか触ってほしいなと期待していた

83:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 02:44:55.09 ID:byxV4ZFmi
背中、脇腹、脇、と進むにつれてどんどん焦れったく気持ち良くなってきて、体を仰け反らせたり捻ったりしていたら、ローズ様が「家畜の身体検査ですの…人のように我慢なさらないで?」と仰ったのでそこからはずっと喘いでた

少し手が触れる度に
「あっ…ん…ふぁ…っ」

少し手が離れる度に
「ひぁ…あ…」
とかとにかくずーっと声出してたと思う

汁がつたってる(と思う)太ももとかお尻のお肉には触れてくれるのに、胸もクリも穴も全然触れられないまま1時間くらい身体検査されてた
実際はもっと短かったのかもしれないけど

87:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 02:51:40.58 ID:byxV4ZFmi
乳首に触れるか触れないか手を伸ばしたところで突然
「感度は良好ですわね。身体検査は終わりに致しましょう」と言われた

私は勿論首をブンブン振って
「いや…いや…もっと…」
って腰を揺らしながら抗議した

「どうしてかしら。もう十分貴女の身体の感度が高い事は分かりましたわよ?」
「もっと触ってほしいです…」

リードをまた引き上げられて、前足ならぬ両手が地面から浮いた

「これは貴女が気持ち良くなる為のマッサージか何かかしら?」
「いえ…違います…身体検査です」
「でしたら貴女がわたくしに続けろと指図するのはおかしくてよ」
「はい…申し訳ありません…」

88:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 02:53:35.58 ID:D8S5Kvrd0
正直これは女の自分でも興奮するレベル
女王様とやれるとか羨ましすぎ

92:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 03:02:16.14 ID:byxV4ZFmi
もういっそ自分で触ってしまおうか、とも思ったけど、そしたらビンタされるんだろうか…でもビンタもしてほしい…とか葛藤してた

でも手を伸ばそうとしたら、案の定がっしり掴まれて
「家畜はマスターベーションなんてしませんのよ?」
って怖いくらいの笑顔で言われた

チェストから鉄製の手枷取り出されて、四つん這いのまま手だけ後ろに組まされて手枷される家畜の私

さっきよりもお尻の穴と、前の穴がみやすくなってすーすーして恥ずかしかった

それでも身体が疼いて疼いてたまらなかったから、必死に胸の先を床にこすりつけようとしたけど、ふわふわのラグの先の綿毛が微かに触れるだけで余計つらかった

95:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 03:12:32.08 ID:byxV4ZFmi
完全にうつ伏せになれば良いんだろうけど、姿勢的に足を伸ばせなくて腰だけ揺らすような形になるのがすごくつらかった

ローズ様はずっと私の目を見つめながら微笑んでた

「ローズ様ぁ…」
と何度呼んでもにこにこと私の浅ましい姿を見てらっしゃるだけだった

何十回も呼んでたと思う
何十回目かにぐっと顎を掴まれて無理やり目を合わさせられた
すごく首が痛かった記憶がある

「家畜を飼うとね、挿れて挿れて…触って触って…って鳴く子が殆どですの。貴女はローズ様ローズ様と鳴くのね…とても可愛く感じてしまいましたわ…」

熱い声だった
またドロドロと前の穴から汁が出てくる気がした

96:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 03:16:07.44 ID:byxV4ZFmi
「もっと鳴いて頂戴…」
「ローズ様…ローズ様ぁ…」
「もっと!」

頬を叩かれた

「ローズ様…!ローズ様…ぁ」

もっと鳴きなさい、可愛い、もっと
と熱い声を聴きながら頬やお尻や太ももを叩かれた
叩かれたところがもっと熱くなって敏感になってる事が快感に変わる

99:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 03:24:46.59 ID:byxV4ZFmi
ローズ様が手枷を外して下さった
リードを引っ張られて、四つん這いのままベッドに連れていかれた
ベッドの横側には大きな鏡があって、その前に膝立ちさせられて、ローズ様はその後ろから私のお腹に手を回してきた

「エマの白い肌はわたくしのビンタがよく映えますのね…」
鏡ごしに目が合ったまま赤くなった身体を撫でて下さる

鎖骨辺りからゆっくり手が滑ってきて、期待で膨らんだ胸の先端を掠めるように降りていった

それだけでもういきそうなくらい

「ぁ…っ…んあ…っ」
って声をあげたら、鏡の中のローズ様は笑って、今度は同じように下から手を滑らせてきた

また乳首は少し指が掠めるくらい
胸を突き出しても、体を捻っても立った乳首にきちんと刺激が与えられるようには触ってもらえなかった

103:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/26(木) 03:36:30.14 ID:byxV4ZFmi
そのまま何度も往復して、その度に「ん…ぁっ…ゃ…っ」と声を出して抗議するけど、聞き入れてはもらえない

ごめん寝ます

104:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 03:44:38.62 ID:1jyLGn0SO
お疲れさまー
続き待ってるよ!
ほしゅ

105:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 03:46:25.43 ID:6DzAsxifO
>>103
はぁん、>>1さまぁ…
の声が心地良い。

焦らし責め上手いですね。続き待ってます。

107:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 03:57:26.36 ID:EsfMI+yx0
ひゃひゃひゃ( ・∇・)放置プレーだとよ
やりよるわい

115:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 08:47:56.36 ID:Rb51MU5q0
文章力すごい
これは期待

117:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 09:38:14.70 ID:nVvirtSyP
早く乳首弄ってほしいです!!!

124:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 12:07:29.19 ID:BD5+k32p0
ビアンじゃないのにこれはいかん
本物の女王様とかたまらんー

134:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 15:00:56.38 ID:9z0dKlJ/0
ビアンじゃないしドMでもないけどなんか羨ましい・・・なんだこれ
ほしゅほしゅ

147:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 20:20:53.66 ID:JTUZaCs40
仕事中に読んでしまった。。。
立てないwww

149:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 21:48:12.74 ID:GhX112kd0
こういうの見ると
そのへんの小娘がワタシMだの
Sだの言ってるのに腹が立つな

150:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 21:53:24.96 ID:RjZyJlx90
>>149
俺もそれ思ったw

152:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 22:23:25.48 ID:8yDfh1dTi
>>149
まったくもって。
同じく自称Sの男も、ローズ様からしたら偽物だなって思う。

151:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 22:22:19.09 ID:fzkWwfS50
すさまじいスレを開いてしまった
やっぱSMは女の物なんだねえ
SもMも女だと映えるもんねえ

154:名も無き被検体774号+:2013/09/26(木) 22:52:10.26 ID:W+0lAT5cP
>>151
なるほど、たしかに
俺は男だがそれに凄く共感した
女からもそう思うんだろうか

158:名も無き被検体774号+:2013/09/27(金) 00:01:50.47 ID:gVlExGFWi
エマ殿はまだか…ッ!!

175:名も無き被検体774号+:2013/09/27(金) 16:47:16.09 ID:o/o2LjCO0
ローズ様に見つかったとかでは.. ないよね

179:名も無き被検体774号+:2013/09/27(金) 21:42:52.34 ID:gVlExGFWi
これはもう…ダメかもわからんね(´・ω・`)

180:名も無き被検体774号+:2013/09/27(金) 23:23:04.49 ID:Kobj2n/20
駄目じゃない!

182:名も無き被検体774号+:2013/09/28(土) 03:15:19.84 ID:kZ82Wc7E0
だめか…

186:名も無き被検体774号+:2013/09/28(土) 10:27:07.66 ID:9Ja6hco/0
色々漏らしたわ

188:名も無き被検体774号+:2013/09/28(土) 10:53:13.31 ID:ZJE4t2XG0
今頃女王様と…

194:名も無き被検体774号+:2013/09/28(土) 18:03:17.92 ID:xTggh0Ky0
マダカナ マダカナ

196:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/28(土) 18:43:00.21 ID:aLvV5iCoi
ごめんなさい
保守してくださった方ありがとうございます
また夜までぽちぽち書いてきます

197:名も無き被検体774号+:2013/09/28(土) 18:48:04.93 ID:QB623Puf0
1キター!

198:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/28(土) 18:57:39.08 ID:aLvV5iCoi
胸を掠めるようにずっとさすられてて、それを鏡越しに見ているのもつらかった

ローズ様が吐息混じりの声で「もっと足を開くの…」と仰るのでバランスを崩さないように少しずつ開いたら、太ももに汁が伝ってた

こんな風に零れる事があるのか、って恥ずかしくなったけど、ローズ様はそれを掬い取るようにして太ももをさすって下さった

でもその刺激もつらい
膝から太ももを伝ってくる手が足の付け根で止まって撫でた後、また膝に手が戻っていく

199:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/28(土) 19:18:01.00 ID:aLvV5iCoi
腰も胸も揺らしながら、はしたなくローズ様の名前を呼ぶ私に、ローズ様は「どうしたの?」とか「わたくしはここにおりましてよ?」とか応えて下さるのだけど、そこから触ってほしいとか許してなんて言葉はまるで聞こえていないみたいに
「嬉しいのね?わたくしも嬉しいですわ」
って微笑んでいらした

もどかしい快感に足が震えてきて、ローズ様は私の太ももをぐっと掴んだのだけど、散々焦らされた身体にその刺激は強過ぎて、イくとはまた違う感覚だけど全身が震えて絶頂しそうになった

そのまま前屈みに倒れそうになって声をあげる私をローズ様は軽々と片手で支えて下さった

一瞬だけどベッドから落ちるんじゃないかって恐怖と、身体が疼いてしかたない事とでなぜか私は泣き出してしまった

ローズ様は私をあやすように頭を撫でて「怖かったわね…わたくしに身体をお預けになって?」って仰ると私を抱き締めて下さった

そして同じくベッドの上、鏡の前で鈍角に体操座りをして、足を開いた形に座らされた

200:名も無き被検体774号+:2013/09/28(土) 19:23:17.71 ID:l954pshkO
待ってたかいあったー!!

201:名も無き被検体774号+:2013/09/28(土) 19:30:05.25 ID:L8Ac+x/V0
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!

202:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/28(土) 19:54:23.43 ID:aLvV5iCoi
「今度は可愛がって差し上げるわね」って手枷も外して、後ろから手を回して両乳首に優しく触れて下さった

もうずっと前から固く尖ってた乳首から、全身に電気が走るみたいにビリビリ震えた
「あぁぁ…っ…!!」と叫ぶように喘ぐ私を嗜めるでも笑うでもなく優しく後ろから「どうされたの?」とか「可愛らしいお顔になってございますわよ」とか仰って下さる

指が柔らかいのと、やっぱり気持ち良い触り方を分かっているからか直接触られてても痛くならない
底なし沼みたいにずっとずるずる気持ちが良い

とはいえどんどんクリトリスが切なくなってきて背中を預けたまま「クリも触って下さい…」ってお願いした

私は両手が空いているから触ろうと思えば自分で触れたはずなんだけど、ローズ様の足とか腰をべたべた触って甘えてた

205:名も無き被検体774号+:2013/09/28(土) 21:51:22.59 ID:ZJE4t2XG0
待っててよかった

207:名も無き被検体774号+:2013/09/28(土) 22:53:58.38 ID:L/PwGbuJ0
そしてまた放置プレイ突入

208:名も無き被検体774号+:2013/09/28(土) 22:57:32.38 ID:szqhZ+7k0
焦らしプレイがうますぎます

209:名も無き被検体774号+:2013/09/28(土) 23:42:16.38 ID:aEQ010s20
ここがエマの立てたスレッドね。
こんばんわ。
ここでは「ローズ」って呼ばれてるまたいだけれど、それも悪い気はしないわね。
今ちょうどエマの事愛してる最中だから、もう少々お待ちくださいね。
愛し終わったら書くように言っておくわ。

210:名も無き被検体774号+:2013/09/28(土) 23:43:16.22 ID:8wCEOLlU0
ローズ様降臨?

211:名も無き被検体774号+:2013/09/28(土) 23:49:30.80 ID:EAiyXYR50
これは楽しみな展開!>>209

213:名も無き被検体774号+:2013/09/28(土) 23:54:25.01 ID:0Hb+9YMfP
なわけねーだろお前ら釣られすぎ

215:名も無き被検体774号+:2013/09/29(日) 00:02:25.96 ID:UUfgJVjM0
本物かどうか、エマが来ればわかる

ここへの書き込みがプレーの一部になってたら…

216:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/29(日) 00:05:05.96 ID:ZHhpcZ/fi
さっきまで切なくなってたクリトリスに、ローズ様の手が伸びてきた

男の人が触るような、ガシガシした触り方じゃなくて、優しく押さえつけられるようなただただ気持ち良い弄られ方

「んんん…っ」
ってローズ様の足をぎゅって握ったまま声あげてる私に微笑むローズ様

右手で穴から零れた汁をすくって、クリトリスに塗りつけるようにくるくる触られて左手では乳首を責められて、私は天に昇るような、地の果てに堕ちるような不思議で強烈な快感に胸を喘がせてた

217:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/29(日) 00:05:45.71 ID:ZHhpcZ/fi
>>209
ローズ様はもうちょっと上品かな
あとスレ立てた事バレたらぶち殺される

220:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/29(日) 00:09:33.19 ID:ZHhpcZ/fi
人から触られてイく事無かったんだけど、今まで散々焦らされてた事もあり、ローズ様の指でイカされそうになってた

大きな快感の波にただ流されていたかったのだけど、そんなに甘いわけがなかった


「ぁ…いきそう…」って言ったか言ってないか覚えてないけど、腰が自然に跳ねて痙攣する寸前、乳首とクリトリスから手が離れた

221:名も無き被検体774号+:2013/09/29(日) 00:28:19.72 ID:GDRtmLe70
>>217
エマ、貴方そんな事言って良いの?
貴方の行動、全てを私が分かってないとでも思ってるの?
貴方、まだ私の事分かってないようね。
ネットの世界だけ好きに言えばいいわ。
次の約束の日、もっともっと焦らしてあげるから。

222:名も無き被検体774号+:2013/09/29(日) 00:31:59.97 ID:7fU4nrMTP
>>221
つまらん

223:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/29(日) 00:32:15.48 ID:ZHhpcZ/fi
>>221
楽しいかおっさん

224:名も無き被検体774号+:2013/09/29(日) 00:32:42.31 ID:4BG39RdC0
>>221
今プレイ中だったかどうかくらいは自分ですぐわかるだろw
成りすますならもっとドキっとするやり方で書かないと。

226:名も無き被検体774号+:2013/09/29(日) 00:34:30.41 ID:GDRtmLe70
>>222
>>223
>>224
もー知らないんだから!!
ぷんぷん( ̄^ ̄)

227:名も無き被検体774号+:2013/09/29(日) 00:37:06.91 ID:7fU4nrMTP
>>226
ゆるしたw

228:名も無き被検体774号+:2013/09/29(日) 00:40:31.87 ID:GDRtmLe70
>>227
ありがと☆
貴方のツーケーも攻めちゃおうかな!

225:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/29(日) 00:33:10.63 ID:ZHhpcZ/fi
書き溜めてないから本当焦らしプレイでさーせん…
今日中には終わらせますので!!!
とりあえず風呂

230:名も無き被検体774号+:2013/09/29(日) 01:22:20.47 ID:4BG39RdC0
風呂長すぎだろw

232:名も無き被検体774号+:2013/09/29(日) 01:29:21.88 ID:d5x22tjL0
思い出しながら書いてるうちにムラムラきちゃったんだろう

233:名も無き被検体774号+:2013/09/29(日) 01:45:31.18 ID:GDRtmLe70
エマはお風呂なんて入ってないわよ。
今は首輪されてアヘアヘ言ってる所。
少し待ってなさい雄犬共!

237:名も無き被検体774号+:2013/09/29(日) 07:14:13.40 ID:NmejM6bv0
あ、







朝だ

239:名も無き被検体774号+:2013/09/29(日) 08:28:00.48 ID:bZe9wTV1i
お風呂まだかな…

249:名も無き被検体774号+:2013/09/29(日) 19:06:27.54 ID:H3UBuYbf0
はよおおお

257:名も無き被検体774号+:2013/09/30(月) 00:32:58.68 ID:b8H+xzlf0
はよ!

259:名も無き被検体774号+:2013/09/30(月) 00:46:44.71 ID:TBO2naFF0
ちょっといい加減焦らしすぎ



お願いしますはよ

260:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/30(月) 00:52:05.17 ID:ey+H6T6ai
すんません萎えてー
あはは
そのうちぽちぽち書く予定ですが落としてくださっても結構です

261:名も無き被検体774号+:2013/09/30(月) 00:54:31.93 ID:bf92vzGs0
昨日に引き続きローズよ。
今エマは私のお風呂を自らの舌で舐め回しながら掃除してるから、少々お待ちになって。
そのうち、貴方達のオチンロンも綺麗にしてあげるように言っておきますわね。

262:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/30(月) 00:55:01.42 ID:ey+H6T6ai
>>261
こんなんあるから萎えるわ

264:名も無き被検体774号+:2013/09/30(月) 00:56:59.64 ID:bf92vzGs0
>>262
そんなん言い訳だろ
スレたてたんなら最後までしっかり書けや
書けない理由があるわけ?
今後の展開とか今考えてるんですか?

265:名も無き被検体774号+:2013/09/30(月) 00:58:09.33 ID:BxH6BLL60
なんでいいとこで止めたんよ(´・ω・`)

267:名も無き被検体774号+:2013/09/30(月) 01:00:51.66 ID:BxH6BLL60
>>264
続き書いて欲しいならそれ相応の態度でいようか

268:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/30(月) 01:08:25.24 ID:ey+H6T6ai
別にへりくだれとは言ってないけど、立てたなら最後まで書けってのは変な話じゃないですかね
毎回いつ書くか分からないのに保守してもらうのも申し訳ないので、落として下さいと申し上げたまでですが

体験談だとしても思い出し思い出し書いてるので遅くなります

270:名も無き被検体774号+:2013/09/30(月) 01:13:25.58 ID:CWe8nCKF0
>>262
いや、書くと言って書かなかったり、お前のほうが普通に萎えるわー。
2chに書くとか書かないとか、なんの義務もないけどね。
ただ、ぼやっとした感じに萎えるって感想。

271:1 ◆6A.DFLIxA2 :2013/09/30(月) 01:15:32.90 ID:ey+H6T6ai
>>270
あ、そうすか
書かないとは言ってないですけど
じゃあ今後は書きません
では

272:名も無き被検体774号+:2013/09/30(月) 01:16:32.49 ID:bf92vzGs0
>>267
てめー上からもの言ってんじゃねーぞ変態クソビッチが
こっちは話聞いてやってんだよ
普通の女ならそんな所で働きもしないし、よがったりもしねーんだよ
語りたいからスレ立ててやだろーが
こっちはお前のオナニーに付き合ってやってんだからさっさとオナニー続けろや

273:名も無き被検体774号+:2013/09/30(月) 01:19:19.14 ID:CWe8nCKF0
>>272
いや、お前も切れすぎというか、きもい。


とりあえずなんだろうなこの残念な感じw
読めないことが残念なんじゃなくて、なにか、残念な人をみたがっかり感・・
というのは初日の終え方で勘付いてはいたのだけど、、なあ?

274:名も無き被検体774号+:2013/09/30(月) 01:22:06.69 ID:bf92vzGs0
>>273
おや、俺も貴方の意見に同意だよ?
書くって言いながら書かなかったり、しまいには落としてもらって結構です。とか、意味わかんなくね?
だったら最初からスレ立てなきゃ良かったじゃん。って話

277:名も無き被検体774号+:2013/09/30(月) 01:28:58.89 ID:BxH6BLL60
>>272
俺は1じゃねえぞ
キモイ演技して勝手にスレ潰しといて何様のつもり?

280:名も無き被検体774号+:2013/09/30(月) 01:32:14.58 ID:bf92vzGs0
>>277
それはすまん。
勘違いしましたm(__)m

291:名も無き被検体774号+:2013/09/30(月) 08:40:39.78 ID:oQRs0XcY0
1.背徳感と良心の呵責に苛まれた。
2.ぶっちゃけ飽きた。メンドクセッ
3.まとめに載ってローズ様に見られたら濡れちゃう
4.実は自身を主人公にした想像でもうネタが出てこない
5.実は釣り。やーい、引っかかったーwww
6.語ってる(思い出す)うちにパンツが濡れて、もう履くものが無くなって緊急事態。
7.親、兄弟、もしくは彼氏にバレた。

292:名も無き被検体774号+:2013/09/30(月) 09:12:27.96 ID:MKasvB6mP
>>261
これが一番まずかっまな
何が昨日に引き続きローズよ、だ
おまえのスレじゃないっての
クソつまらんのに勘違いすんな

295:名も無き被検体774号+:2013/09/30(月) 10:00:33.83 ID:8uA4XewAP
このところの楽しみだったのに

まぁ、前半だけでも楽しめたからいいわ


元スレ:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1380123561/

AD:名無しにかわりましてコレ速がCMをお送りします:2101/01/01(土) 00:00:00 ID:korewaeroi
身体も心もボクのもの ~はじめてのSMガイド~
身体も心もボクのもの ~はじめてのSMガイド~

注目ニュース

相互RSS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。