【近親相姦体験】 この町に住めなくなった1


近親相姦体験告白スレより
daca1

1: 投稿者:(無名) 投稿日:2014/01/21 19:26:53

事の始まりは6年前、些細な出来事でした・・・

当時、私34歳は嫁ぎ先の夫の実家に夫の両親、夫、二人の息子と私の6人で暮らしていました。
私達夫婦は共働きで義父母は農業をしていて、当時長男圭介は中学2年、次男の祐太は小学5年生でした。

その頃、私と祐太がお風呂に入って居ると、圭介が一緒に入って来ていました。
(中2にもなって?)
と思っていましたが、その時はあまり深く考える事も有りませんでした。
ですが、ある時ふと圭介の股間に目が行くと、小さく皮の被ったおチンチン
(中学生にしてはかなり小さい?)が膨張している事に気が付きました。

私と祐太はヤセ型ですが、長男の圭介だけがどう間違ったか肥満児でした。
私の身長は165、圭介は155かなり肥満、祐太は140というところだった筈です。
圭介と目線が合わない様に体制を変えながら圭介の視線を追いかけると
私の下半身を目で追って居るのに気付きました。
急に恥ずかしさがこみ上げて来たのを鮮明に覚えています。
その日は自然な感じを装いながら、女性器が露わに成らぬ様務めました。

男の子が母親の裸で欲情するなんて、物語だと思っていた私はショックでした。
それから数日はお風呂の時間も遅くしたりして、なるべく一人で入浴していました。
時が経つとそんな感覚も薄れるもので、気が付けばまた3人で入浴する日も増えて来てました。

そんなある日、私が髪を洗っている時、次男の祐太が「おっぱいクロー!」と言って
背後から私の小さなおっぱいを鷲掴みにしてきました。
小5の祐太にとっては、他愛のない悪戯だった筈です、私も「やったな~」程度で
キャッキャ言っていました。

その日から、おっぱいクローは暗黙のセーフみたいな感じに成り、
中2の圭介も便乗して、私の胸を触る様になり、
祐太が私の頭の上におちんちんを乗せ、「ちょんまげ~」や
私の股間にシャワーを当てて「ウオッシュレット」など
悪気なくする悪戯に圭介も乗っかって来る様に成り
3人お風呂も盛り上がっていました。

もちろん圭介のおちんちんが突起している事も承知していましたが、
あまり気にしない様にしていました。
この時期には、夫とはエッチどころか、会話すらなく、
寝室も別で私は息子達と川の字で別の部屋に寝ていました。

年末が近づき外回りの営業をしている私は、帰宅時間も遅く成っていた時期の事、
帰宅すると祐太はもう寝ていて、私は一人でお風呂に入っていると、
圭介がスグに入って来ました。
祐太が居ないため、馬鹿騒ぎには成りませんでしたが、案の定私の体を触りだしました。
私も初めは「やったな~」などと言っていましたが、
圭介の股間をチラッと見るとやはり、突起しています。
今まで私から反撃した事は無かったのですが、
(祐太も居ないしチョット位いっか)と思い
「お前こそ、ママの裸で固くしやがって!」と言い圭介のおちんちんを触ってみました。

一瞬私も圭介も固まりました。

圭介は赤面していました。
私の顔も真っ赤だったと思います。
私は皮の被った男性器が想像以上に固かった事と、もう何年も男性器を触る事も無かったからです。
毛も少し生え始めた程度の圭介のおちんちんはたぶん真正包茎という部類だと思います。
7~8cm位のおちんちんの先端に余った皮が被っていました。

沈黙に耐えきれず「お前少しちっちゃいんじゃないの?」と恐る恐る、私の方から口を開きました。
「うるせー!」
圭介は顔を真っ赤にして取り乱していました。

「じゃーママのも見せろよ!」
と圭介が私の股間に手を伸ばしてきます。
慌ててその手を制止させ話をすり替えるよう務めましたが、
どうにも収まりが付かない圭介に私はしかたなく
「じゃーしかたないか、ママが手でして上げるから・・・」
「でも今日だけだよ!」
と強く言い聞かせ、バスタブに腰かけさせました。

私は湯船につかり、目の前の圭介のおちんちんを握りました。
恥ずかしくてとても圭介の顔を見上げる余裕は有りませんでした。

私は無意識に右手で竿を握り、左手を袋の下に添えました。
これは夫が昔私に口でさせる時、左手を添えるよう、言われ続けた癖だったと思います。
ゆっくりとした動きでシゴいていると、アッという間に圭介は射精をむかえました。
真正包茎の射精はおちんちん先端の皮からドクドクと
痰に近い濃度の精液が湧き出て来る感じでした。
思えば男性を手コキで射精まで導くのは初めての経験です。

私は行為を終えると圭介と目を合わせる事と無く、風呂から上がり
その後数日間は圭介と一緒にお風呂に入る事も無く過ぎました。


年も明け何日か過ぎた日、祐太お風呂に入って居ると、久しぶりに圭介が入って来ました。
あれ以来お互い何も無かった様に過ごしてきました。
祐太は久しぶりの3人でのお風呂でテンションも高めです。
「おっぱいクロー!」と
いつもの調子です。
そして久しぶりに私が祐太の髪の毛を洗ってやっていると、圭介が湯船から出て来ました。
すると圭介は祐太が目を開けられない隙に、うんこ座りの私の脇に来て
遂に私の女性器を触り始めました。

私は無言で圭介を睨みつけましたが、圭介は目線を合わそうとしません。
私は祐太には気づかれまいと必死で祐太の会話に付き合っていました。
結婚してから15年以上夫以外から触られた事の無い私の女性器、
しかもこの異常な状況下で、たった数分だった筈ですが
凄く長く感じました。

この後、私が圭介を強く叱っていれば良かったのですが、
私自身誰かに隠れてコソコソいけない事する「スリル」がたまらない興奮でした。
近親だからとか不倫だからとでは無く、「隠れてコソコソ」に魅せられたんだと思います。
翌日も3人で入浴しました。

「祐太、シャンプーしてあげるよ。」
今までは、たまにしか祐太の髪を洗っていませんでしたが、あえて私から誘う様な行為だったと思います。
祐太が目を瞑り頭からシャワーをかけると、そ~っと圭介が近づいて来ます。
罪悪感と興奮が入り混じるなんとも言えない心境でした。

私は昨日と同じようにうんこ座りで、やや触りやすい角度にして上げると
私の脇に立って居る圭介がしゃがみ込む様子が有りません。
そっと圭介の方に顔を向けると、ちょうど顔の前におちんちんが有ります。
ビックリして圭介を見上げると、真っ赤な顔をしてすがるように口ぱくで何か言っています。

すぐに何を要求しているのか解ります。
私の顔も真っ赤に成ります。
わたしも口ぱくで「マジで?」と聞くと圭介が手を合わせて拝んでいます。
私は祐太の方をチラチラ見ながら圭介の股間に顔を近づけて行くと
圭介が私の唇におちんちんを押し当てて来ました。

そっと口に含みます。
真正包茎の圭介のおちんちんは先端が細くて口に含みやすかったです。
圭介にフェラチオしている罪悪感より、祐太に気付かれないか、
気が気ではありませんでした。

両手で祐太の髪を洗い、口には圭介のおちんちんを頬張りながら、
横目でチラチラ祐太が目を開けないか気を配ります。
おのずとストロークも早く成り、舌使いも夫に仕込まれたテクニックを使っていたのだと思います。

圭介の膝がガクガクとなり、私のお口の中に生温かい精液がドクドク溜まっていきます。
一回でごっくん出来ない位出されたと思います。
独身の頃からフェラの後はごっくんするように、夫以外に付き合った人からも言われていたせいか、
とっさに飲んでしまいました。

圭介はふらつきながら湯船にもどり、放心状態でした。
私も何故か罪悪感よりへんな達成感がありました。


引用元サイト:ナンネット|近親相姦 禁断の世界
引用元掲示板:近親相姦体験告白 > この町に住めなくなった1

僕の勃起でお母さんが[母]から[女]へと豹変! 久しぶりにお母さんに耳かきをしてもらったら、太もものぬくもりと柔らかい指先に変な妄想を抱いてしまい思わず勃起!そんな僕の下半身の異変に気付いた母は女へと豹変し息子の僕を求めて来た! [DVD]
僕の勃起でお母さんが[母]から[女]へと豹変! 久しぶりにお母さんに耳かきをしてもらったら、太もものぬくもりと柔らかい指先に変な妄想を抱いてしまい思わず勃起!そんな僕の下半身の異変に気付いた母は女へと豹変し息子の僕を求めて来た! [DVD]

注目ニュース

相互RSS

One Response to 【近親相姦体験】 この町に住めなくなった1

  1. 永遠のマザコン 2014/06/13 at 17:44

    お風呂場でのHな行為はエロに関しては定番なので僕もHな行為を想像する場面としては一番好きな場面です。
    僕も幼い頃から母や妹などと一緒にお風呂に入ることが多かったので初めて性を意識したのも母親の裸を見た時だったのでお風呂の場面での性行為が描かれていると当時母の裸を見て股間を勃起していたことを思い出します。
    お風呂場での性行為を模写した漫画がもっと増えると良いなとも思いました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。