ジョギングしてたらデブ女と出会った


人妻との体験スレより
7593e7

1: 投稿者:良太 投稿日:2013/08/16 11:00:11

半年くらい前から 近所をジョギングしてます。

ジョギングを始めて1ヶ月くらいした時、森クミか 森三中の黒沢かと思う デブ女が 歩く様なジョギングに出会いました。
朝 挨拶して追い越してましたが 三日目には一緒に走る様になりました。
それからも追いつくと ペースを合わせ話しながらジョギング!
名前は美紀で 年は四十代に入った主婦だと言ってました!

「俺 良太! 三十に成って ビール腹で(笑)」
「そんなでも無いじゃない!(笑)」

そして 半月も走ってると、俺が口を付けた ペットボトルを 美紀さんは平気で飲む様に成ってました。
池の遊歩道の東屋で休憩!

「美紀さん 凄い汗だね(笑)」
と 首筋から胸元の汗をタオルで拭いてやると!
「ありがとう…」
汗で濡れたTシャツを捲り 胸を拭いてやると、
「良ちゃん…そこは…」
「でも ブラジャーまで 汗でビショビショだよ!」
「でも…」
オッパイを揉む様に谷間を拭き ブラジャーのホックを外しました!
「アッ 良ちゃん…」

ブラジャーを捲り上げると ビックリする様な爆乳が ブラジャーから零れ出ました。
直にオッパイを触りタオルで拭いても 拒まない美紀さん!

「ウッ…ウッ…」

乳首が固くなり、両手でオッパイを乳首を揉み 舐めてしまいました。
美紀さんの手は いつの間にか短パンの上から 俺のチンポに触ってました!
短パンの中で俺のチンポはギンギンに勃起してました。
長椅子に押し倒し ジャージと一緒にパンティも脱がせ 美紀さんのマンコに貪りつきました。
汗でマンコは塩味!
片手で短パンを下げ 美紀さんの顔にチンポを突き出すと 美紀さんはチンポを口に含み、舐め始めました!

東屋の中 上になったり下になったり後ろから!
2人汗だくになりハメ合いました。
殆ど全裸と化し 後ろから突いてると、東屋の外を いつもの爺さんが ジョギングして来て!

「おはよう…朝から性が出ますな~(笑)」
「あっ…おはよう御座います…」

後ろから突いてる 東屋の中を チラッと見て 走り去りました!
美紀さんは顔を伏せてました。
そのまま 美紀さんの中に射精!
汗で濡れた物を着ながら、
「良ちゃんが…こんな事するなんて…」
と 気怠そうに 走って行きました。

マズかったかな?
そう思いながら 俺も帰りました。


2: 投稿者:良太 投稿日:2013/08/16 11:53:12

美紀さんとハメた翌日 美紀さんと行き合いませんでしたが!
その翌朝 東屋の処に差し掛かると 美紀さんが居ました。

「美紀さん おはよう…」

でも 美紀さんは俺を無視!
仕方ないと 走り始めると 美紀さんも後から付いて来ました。
でも どんどん離れてしまいます!
ペースを落とすと追いついて 又離れ ペースを落とす!
そんな事を繰り返してると 俺のアパートに着きました。

美紀さんが追いつき、
「ハア~ ハア~ 此処が 良ちゃんの アパート?…」
「そうだよ!」
「ちょっと 休ませてよ…死にそう…」
部屋の中に入れ冷房を入れると、
「ア~…エアコンは良いわね~(笑)…此処 シャワー 有るの?」
「そこ だけど!」
「ちょっと 借りて 良い?(笑)」
「うん…」

洗面所に入り 洗濯機を見つけると ササッと裸になり 脱いだ物を全部 洗濯機の中に放り込み スイッチオン!
浴室に入ると、
「良ちゃんも 来なさいよ(笑)」
俺も脱いだ物を洗濯機に放り込み浴室に入って行きました。

シャワーを掛けられながら、

「この前は ゴメン!…」
「あんな処で…いつも お爺さんには 見られるし…」
「大丈夫だよ 美紀さんの顔は見られて無いんだし…」

美紀さんにチンポを扱く様に洗われ チンポはギンギンに勃起してしまいました。

「でも いつも一緒に走ってるから判るわよ!…もう こんなにして~(笑)」

美紀さんは屈みチンポを咥え シャブリ始めました!
チンポを持ち上げ 玉袋も舐めたりしてました。
暫くして
「此処 暑いわ 部屋に行こよ(笑)」
部屋に戻ると 押し倒され 上に乗られ挿入!
激しく尻を振る美紀さん!
エアコンが利いてるのに 汗だくの美紀さんでした。

四つん這いになった美紀さんを後ろからハメ 正常位で突き捲り、

「ア~ 美紀さん 出そうだ…」
「もう少し…私も逝きそうよ…続けて…もっと激しくして~」
激しく突き捲ると、
「アッ アッ 逝く 逝く~」
と 同時に 美紀さんの脚が強く腰に絡み、チンポを抜く事が出来ずに 又 中に射精してしまいました。

抱きつき 唇を貪る美紀さん!
「凄く よかった…(笑)」
ティッシュを股に挟み 洗濯物を部屋の中に干す美紀さん!
又 俺の脇に来ると、
「ジョギングより 汗が出るわね(笑)」
「帰らなくて 良いの?」
「裸じゃ帰れ無いでしょ(笑) 乾くまで…良いでしょ♪」
と チンポをシャブリ始めました。


3: 投稿者:良太 投稿日:2013/08/16 12:37:08

2回目も中出し射精で終わり 洗濯物も乾いたのに、美紀さんは益々濡れ濡れに成って 夕方近くまでSEXに没頭し帰って行きました。

翌早朝 ジョギングに出ようとした所に 美紀さんはジョギングで遣って来て2回!
俺が仕事に出るのと一緒に帰って行きました。
それからは毎朝 ジョギングで来て 出勤前の俺と2回のSEX ジョギングして帰るの繰り返しで 美紀さんは1ヶ月で6㎏痩せましたが、見た目全く変わりませんでした?(笑)。

そして今 妊娠4ヶ月! 日曜日以外 いきなり車で早朝SEXに来ます!
「俺の子?」
「夫の子かも しれないじゃない(笑)…中学の娘も 産まれて来るのを心待ちしてるし(笑)」

悪びれる事も無く SEXを貪って行く美紀さんです。
毎朝 元気な精子を出されたのですから 妊娠するのは当然と言えば当然ですね。


引用元サイト:ナンネット|知り合いの人妻
引用元掲示板:人妻との体験 > ジョギング

インストラクター健康美 藤堂ルシア E-BODY [DVD]
インストラクター健康美 藤堂ルシア E-BODY [DVD]

注目ニュース

相互RSS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。