フェチ姉 vol.5

Decrease Font Size Increase Font Size Text Size Print This Page

フェチ姉 vol.1
フェチ姉 vol.2
フェチ姉 vol.3
フェチ姉 vol.4

119:えっちな18禁さん:2011/08/12(金) 17:34:32.61 ID:1bLia0FnO

フェチ姉は誰で脳内変換してるの、教えてエロい人!
深津絵里なんかどう?

120:えっちな18禁さん:2011/08/12(金) 18:10:48.19 ID:gRCtADh20

>>119
お前の好みを押しつけるな
日記は…ですよ

121:えっちな18禁さん:2011/08/12(金) 18:20:34.91 ID:1bLia0FnO

すまん
日記ってなに?

123:えっちな18禁さん:2011/08/12(金) 18:54:24.80 ID:QFPkGb940

俺も日記がわかんない…

124:えっちな18禁さん:2011/08/12(金) 18:55:41.67 ID:QFPkGb940

ぶっちゃけると俺はルーキーズの人に似ていると言われるよ
俺は似てないと思うんだけどもw

125:えっちな18禁さん:2011/08/12(金) 19:02:36.92 ID:QFPkGb940

ググった、佐藤隆太、天パな髪型と眉毛、目は似ているぜぃw
さらに「佐藤隆太 そっくり」でググったら柳沢慎吾と田原俊彦が出たwww

そして蒼井優、これはやばい姉に似ていた、姉はもっと凛としているが。

126:えっちな18禁さん:2011/08/12(金) 19:05:43.55 ID:QFPkGb940

俺は姉を「蒼井そら」で脳内変換することにしたぜぇwww

127:フェチ姉:2011/08/12(金) 19:08:48.07 ID:QFPkGb940

「濡れてました」発言で姉の言質はとった気がした。
口でなんだかんだ言っても下のお口は濡れてんじゃん、はエロの王道である。

「それは、つまり、お互い昂ぶってます、ってこと?」
「わかんない、とりあえずチューしたい」
「…よく真顔でそんなこと言えんね、弟相手に」
「ね、自分でも思う。でも相手が弟くんだから言えるっていうか」
「普通は弟相手に言わないでしょw」
「いいよ、したくないならしなくていいもん」

姉がいじけた。おそらくワザとしょんぼり演出のリベンジ。

128:フェチ姉:2011/08/12(金) 19:09:31.42 ID:QFPkGb940

こういう演出は普段から姉のほうが得意分野。俺が敵う相手じゃない。

「いや、したくなくはないんだけど」
「したくなくはないんだけど?」
「チューで終わりにする自信が無い…w」
「おっと、昂ぶったかw」
「ぶっちゃけ、昂ぶったw」
「んじゃアアーンだなw」
「だなw」

マジでこんな始まり方。
まるでこれから2人で散歩でも行きますか?みたいな。
そこらへん1週してまた元通りの場所に戻って来れるんじゃね、くらいに思ってた。

129:フェチ姉:2011/08/12(金) 19:39:16.78 ID:QFPkGb940

すでに濃厚なキスは経験済みなんですんなり舌が絡む。
照れくさいのでなるべく顔は見ないように心掛けてたけど、
姉がワザとらしくチュパって音を出して唇を吸うので目を開ける。
犬っコロの甘噛みみたいに甘えるような仕草で俺を見てる姉。
なんだよ目を閉じてたのは俺だけか、と思いそれが逆に照れくさかった。

すごくドキドキするキスだった。
姉は可愛らしく「チュー」なんて表現してたけど、
濃淡織り交ぜたそれはまだ経験の少ない俺を夢中にさせた。

姉のペースで事が進むのを嫌った俺は、何かきっかけはないかと頭を巡らせる。

130:えっちな18禁さん:2011/08/12(金) 20:31:38.96 ID:eCx15Fk00

駆け引きがいいね

131:えっちな18禁さん:2011/08/12(金) 21:23:54.20 ID:5WvT4ICp0

と君が言ったから

132:えっちな18禁さん:2011/08/12(金) 21:52:51.22 ID:fOWZfOMW0

かんばれ弟~

134:フェチ姉:2011/08/12(金) 23:07:51.19 ID:QFPkGb940

ところで日記って何?まだ言うか

俺はさっと上を脱ぐ。そして姉のTシャツにも手を掛ける。
俺が先に脱いだのに安心したのか、姉も抵抗もせず両腕を上に。
脱がせやすいようにしてくれたつもりだろうが、それが命取り。

なんと書いて表現したらいいのか難しいのだけど、
脱がせ切らずに腕と顔がTシャツに引っ掛かったとこで両手首をロック。
おっぱい丸出し、けれど顔は隠れてる無残な姿の姉が万歳したままの状態。

作戦大成功と思いつつも、あまりにも惨めな姉の姿に、内心ごめんと思った。
しかしこのくらいやらないと主導権は握れないと心を鬼にする。
乳首に吸い付き、今度は俺がワザとらしくチュパっと音をたてる。
プリプリの乳首の弾力が俺の舌を跳ね返してくるも、負けじと舌で転がす。
姉はフガフガ言いつつも、ビクッと背筋を逸らせたり、逆に丸めたり大忙し。

136:フェチ姉:2011/08/12(金) 23:36:28.90 ID:QFPkGb940

Tシャツで隠れて表情は見えないけど、たぶん顔を真っ赤にしているだろう。
そんなに力任せに押さえつけてるつもりは無い。
姉もここまでは許容範囲だったのか、そう極端に暴れたりもしていない。

ここでいったん落ち着きを取り戻した俺は、あらためて姉の姿を眺める。

病気がちなイメージから、もっと貧相な体を想像してた。
しかし、なかなかにバランスの取れた適度に引き締まった体つき。
色が白いのもあってか、胸の先端だけがほのかに色づき、俺の唾液でテカテカと
光っているのがやけにエロい。
脇腹辺りにツツツと繰り返し指を這わせると、姉が身をよじってくびれが余計に際立つ。
骨盤からウエストに掛けての秀逸なラインに満足しつつ、その延長上にある
ワキの下へと俺の目が注がれた。

137:フェチ姉:2011/08/12(金) 23:37:45.24 ID:QFPkGb940

名残惜しくぺロっと乳首をひと舐めしたあと、そのままの勢いでワキに顔を埋める。
そして、掟破りのワキの下フガフガの刑を繰り出す。
ボディソープの甘い香りと、俺には無いツルツルの感触に心惹かれ、思わず舌を這わせた。

「ちょっ!何やってりゅにょほほ!?」

弟主導の元に粛々と行われていた秘め事は、背泳ぎのバサロを思わせる姉の熱く激しい
抵抗により幕を閉じた。俺はどうやら姉の許容範囲外に足を踏み入れてしまったらしい。

「変態っ、カバっ、このっもうっやっほろー!?」

これ以上ワケのわからぬ叫び声をあげさせるわけにもいかない。
姉の許容範囲外は実は俺にとっては想定内。こうなることも予想していたさ。

138:フェチ姉:2011/08/13(土) 00:02:14.39 ID:Rft3J6TR0

予め決めておいたセリフを、姉の耳元、と思われるあたりで囁く。
「しー!しー!しー!だってば! 騒いじゃだめっ」 
ふふふ、決まったな。俺ニンマリ。
そっくりそのまま姉に言われたセリフを返してやったぜ。

しかし、Tシャツが一瞬膨らんだかと思ったら、その瞬間、何かが飛んできた。
あっはーん☆ 強烈な姉の頭突き。 これは想定外。 マジ痛い。

姉も痛かったらしく「イタタタ」と聞こえた。
それでも準備していたセリフの効果はあったらしく、ピタリとバサロも止んだ。

懲りずにまたワキフガフガを繰り返す。
いつも俺にやってることなのに、自分がやられるのには悶絶する姉。

140:フェチ姉:2011/08/13(土) 00:13:42.80 ID:Rft3J6TR0

だんだん可哀想な気がしてきてたけど、今やめたら絶対にキックか
ビンタが待っていそうな気がして、なかなか解放できずに、そのまま
フガフガを繰り返す。

愛撫しているつもりは毛頭無いのに「やめっ」とか「だめっ」なんて
小さく抵抗している姉の口から「アッ」なんて声も出始める。
まともに聞くのは初めてな姉の喘ぎ声に、そろそろ顔が見たいと
Tシャツを少しずつずらしてあげた。
その気配に姉も気付いたのか、首をひねって位置を調整。ポンっと顔を出す。

「ほんっと最悪だった…」
汗ばんだ額にちょっと髪の毛がひっついてるので、耳に掛けてあげた。
優しくしておかないと何をされるわかったもんじゃない。

141:フェチ姉:2011/08/13(土) 00:16:41.07 ID:Rft3J6TR0

明日から田舎帰るんでパソコン使えません。
なんで今夜はキリのいいとこまで貼っていきます。
マターリなんでよろしく。

144:フェチ姉:2011/08/13(土) 00:52:01.93 ID:Rft3J6TR0

「弟くんとはもう絶交」

ほら出た姉の必殺技、絶交宣言。幼い頃はこのセリフが怖かった。
でも今は全然平気。なぜなら俺達が向かう先は絶交どころか性交だから?
むしろ今このタイミングで絶交なんて言ってくるのはノッてきたってことだ。

ふくれっ面はしているが、姉の機嫌は悪くない。
キックもビンタも頭突きもないっぽい。ここで一応念を押しておく。

「俺、まじでしたいんだけど、いいの?」
と言いながら、まだ姉の片腕に絡んでるTシャツを抜き取る。
もしダメならば、その抜き取ったTシャツをすぐ着てしまうなど、
何かしらのアクションがあるだろう。でも何も無い。

「ひとつ条件がある」
ふ~っと大きく姉が息を吐き出した。

147:えっちな18禁さん:2011/08/13(土) 01:22:48.04 ID:Rft3J6TR0

「もしお姉ちゃんが、やっぱダメだなーって思ったら…」

姉が何を言い出すのか俺は全く予想できなくて次の言葉を待つ間
呆けたように姉の顔を見ていた。

「ダメだなーって思ったら、そのときはそこで終わりでもいい?」
「うん、終わりにする」
「今みたいなの、イヤだったよぅ…」

あら、結構嫌がられてたのか…。調子こいちゃった悪寒…。
「えー、ごめん」
「でもいっぱい濡れちゃったーw」
ギョッとしてなんとなく姉パンツに目をやる。
その向こう側で姉の足先が内股でモジモジしている様子が可愛かった。

150:フェチ姉:2011/08/13(土) 01:39:53.67 ID:Rft3J6TR0

「気持ちよかったってこと?」
さりげなく姉を近くに抱き寄せ、スルリと右手をパンツに忍び込ませる。
我ながらスムーズな手の動き、次の瞬間、あらやだ本当にびしょ濡れ。

「うーんワキはイヤだったよ?」
ちょっと考え込むような仕草をした後、姉が続ける。
「でも目隠しプレーっぽいのは、ちょっと興奮しオちゃったかも…ってオイ!」
「はい?」
すっトボケてマンコ弄りはじめてた俺。
姉がちょっと睨んできたけど、くちゅくちゅ音をたてる自分のマンコにすぐ苦笑い。

151:フェチ姉:2011/08/13(土) 01:58:16.27 ID:Rft3J6TR0

「ちょっとアンやだ、わざと…ンッ…音出すのやめっぃてょ」
「いや、全然? 普通に触ってるだけだけど?」
「うー!っそだぁ…ンンンムゥ…絶対にぃひぃーわざとだ、はぁ…」
なんか面白い反応の姉、わかり易いようなわかり難いような。

「チューぅう?」
語尾上がりでキスをせがまれる。
近くまで顔を寄せたらパクッて姉のほうから唇を含んできた。
すぐに顔を引き離して意地悪したら、「んー、んー」って唇
を尖らせて甘えてくる。
基本的に俺はMなのだが、俺がそうなら姉もそうだと確信めいたモノがある。
ここは迷わずイジメてみる。

153:フェチ姉:2011/08/13(土) 02:07:25.89 ID:Rft3J6TR0

「チューして欲しい?」
「うん…してぇ」
「いっぱいして欲しい?」
「いっぱいしてぇ…」
ちょっと唇を合わせて、すぐまた離す。
「んあぁぁん」
姉が拗ねた子供みたいな表情になった。これは楽しい。

正直、こんな無防備な姉の姿初めて見た。
いつもどこか正体不明な得体の知れない不気味な…イヤ言い過ぎた。
ミステリアスな妖しい魅力に満ちている姉の雰囲気が変わる。
これは育て甲斐がありそうだと、年下のくせに俺は思ってた。

154:フェチ姉:2011/08/13(土) 02:35:21.25 ID:Rft3J6TR0

「気持ちぃ?」
「ンンンぁ…気持ちぃぃい」
「どこが?どこが気持ちぃの?教えて?」
ザッツAV!って感じのセリフを用いて、姉にオマンコって言わせてやろう。

「やぁだぁ、なんか弟くんっぽくないぃぃーアンっアアッ」
「いいじゃん、教えてよ、ここ?このくちゅくちゅ音でてるとこ?」
「えろぃょー、やだってばぁ」
「ココなんていうの、言ってみて、お、ま?」
「言うかっ!ボケェ」

素に戻られた。
これはむしろ俺のほうが辱めを受けた気分。何てこと言わせるんだ。

155:フェチ姉:2011/08/13(土) 02:37:51.41 ID:Rft3J6TR0

「普通にしてw」
「ごめん」
「今もうちょっとで、イヤになるとこだったぞ」
「すいませんでした!」

素直に謝って許してもらって、チューしろと言われて、はいと言った。
姉に求められるがままキスを繰り返し、指を1本から2本に増やした。
中指と薬指にうねうねしたものがまとわりついてきて圧迫感も感じた。

ミカとはまるで違う感触に、女性によってこんなに違うんだなって感想。
2人を較べるつもりも無かったけど、やっぱそのへんはガキだったもので。

姉が俺の腕をつかんできた。アッ、アッって言いながら。たまんない表情をしてた。

157:えっちな18禁さん:2011/08/13(土) 02:46:05.78 ID:Rft3J6TR0

寝落ちの予感なので、あらかじめおやすみと言っちゃうよ
完結はお盆明け以降です ノシ

158:えっちな18禁さん:2011/08/13(土) 03:24:27.61 ID:w82ipDVl0

おやすみ~



(続きます。。。)
フェチ姉 記事一覧


引用元:
兄弟姉妹と気持ちいいことしてる人集まれぇ~!Pt.9
http://kilauea.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1312847166/

注目ニュース

相互RSS