童貞だった俺と妹との体験


近親相姦 兄×妹体験告白スレより
552218

1: 投稿者:兄 ◆vPbFssNu0M 投稿日:2014/09/27 02:31:17

数年前の妹が20で俺が23の時の話。

妹の中学からの友達が大学進学のため県外で独り暮らしを始めた。

地元の短大に進学していた妹は、旅行をかねて久しぶりにその娘のところへ遊びに行く約束をしていたのだ。
しかしその当日妹のバイトが予定外に長引き、田舎なので本数が少なく、電車の乗り継ぎの都合が会わなくなり遊びに行く手段がなくなってしまったのだ。

運転免許のなかった妹は遊びにいきたい気持ちと、友達を待たせてドタキャンもしたくなかったのか、俺に運転手を頼んできた。
俺が往復すると帰宅の予定時間は夜中の3時頃になる計算だった。
そのため1度は拒否したのだが、妹が友達に連絡すると友達も俺とはそこそこ面識もあったので、泊まっていけば良い。
と言ってくれたので連れていくことになった。

到着は深夜1時を過ぎた頃だったのだが友達は寝ずに起きていてくれた。
女の子の部屋独特のいい匂い!そして俺が来ると言うことで?タオルなどで囲み、一応隠してはあるが干してある下着。
そして素っぴんに無防備なパジャマ姿の友達。
恥ずかしながらも当時の俺は23にもなって童貞だったため軽く興奮(笑)
友達の部屋はロフトつき1Kだったため、俺はロフト部を借り寝ることに。
俺は部屋についてそのまま布団に入らせてもらったのだが、妹と友達はテレビを見ながらペチャクチャと女子トーク。
会話の内容はテレビの音に紛れてほとんどわからなかったのだが、耳に入ってくる音でなかなか寝付けなかった。

うとうとが続き、寝てるのか起きてるのかわからない状態がしばらく続いていたが「そろそろ寝ようかぁ」との声が聞こえ、ハッと目がはっきりと覚めた。
時計を見ると朝方の4時。
「このままだと寝にくいから着替えなくちゃとの妹の声」俺はこの時妹の声にも関わらずなぜかそわそわした気持ちになってしまったのだ!妹にたいして好意などは当然あるわけないのだが、童貞だった俺の性欲は抑えが効かなかったのか、ロフトからそっと下の様子を覗き込むように伺ってしまっていた。

俺は寝ていると思っていたからなのか、それとも起きてても兄には見られても何とも思わないのかは妹に聞かないとわからないが、ロフトの上の俺の事など気にする様子など全くなく、普通に服を脱ぎ始めた。
あっという間にターコイズブルーの下着姿になった。
胸も大きくも小さくもなく、体も太くも細くもなく、完全なる中肉中背という表現が似合う体型だった。
下着姿のままバッグを漁りパジャマに持ってきたスウェットを取り出すと、背中のホックに手をかけた!‥しかし俺には背中を向けている方向だったので残念ながら生乳は見えなかった。
しかしながら童貞の俺は妹の下着姿に興奮してしまっていたのか勃起しており、しばらく寝付くことが出来なかった。

‥気が付くと朝に。
いつの間にか寝てしまっていたようだ。
時計に目をやると9時半。
俺がロフトから降りていくと、妹と友達はすでに化粧や着替えを終えて出掛ける準備をしていた。
俺はなかなか寝付けなかったため、体がダルかった。
とは言え妹らが出掛けるのでは俺も帰らないといけないと思い準備を進めようとすると、眠そうな俺を見て察したのか「もしかして昨日煩くて寝れなかった?」と聞かれた。
まさか妹の下着姿で興奮して!なんて絶対に言えるわけがない(笑)
「枕が変わったからかなぁ?なかなか寝れなくて‥」と言うと、友達が「眠いのに帰ると危ないからもっと寝てます?うちらは出掛けちゃいますけど(笑)」と言った。
すると妹が「友達ちゃんがこー言ってくれてるし寝てたら?どうせなら帰りも一緒なら電車賃浮くし!その分で友達ちゃんにご飯奢るよ!」との事で、俺は部屋で寝ていることに。

二人が出掛けたあとに一眠りし目を覚ますと午後2時。
とりあえずコンビニへ繰り出し食事をとった。
帰ってきてもやることもない!よしガサ入れしよう(笑)と部屋の探索を開始。

友達のタンスを漁るとカラフルな下着が!65B!友達ちゃんはBcupかぁ!どんなおっぱいかなぁ?なんて妄想しながら探索を進めると、日記帳やプリクラ帳を発見。
プリクラにはパンチラしたやつや胸チラしている際どいやつもあった。
盛ってあるのかもしれないがBcupって思ったより谷間ある!ってのが素直な感想だった。
彼氏?なのかはわからないが男との写真があると妄想が捗った(笑)
そして日記帳に手をつけると、たぶんこの日にエッチしたんだろうな?って記号などがあった。
そして手帳の最後に挟んであった手紙を見るとどうやら妹と中学や高校時代にやっていた交換手紙が見つかった。

同じ紙に交互に近況などを書き込んである手紙は、最初の頃は中学生らしく初々しく、○○君の部活姿格好いい!とか他の女と話してて嫉妬!みたいな内容だったが次第に告白する!とあり、うまくいったのか、○○君とどこどこデート!みたいな情報もあった。

そしてついにその瞬間に!中3の頃?の手紙に先に妹が「○○君のオチンチン舐めちゃった(笑)まだエッチは怖いな‥」的なコメント。
すると友達が興味津々に質問。
妹がそれに対して答えたりしていた。
そして、卒業間際の頃に妹の「このまま高校で離れちゃうのは不安だからエッチしちゃった!めっちゃ痛い!」的なコメント!どうやら妹は童貞の兄とは違い、中学時代に経験していたらしい‥。

その後友達の初エッチまでの様子も書いてあったが、なぜか俺の気持ちはなんとも表現しにくい微妙な感情で妹の性体験にばかり気がいってしまった。
自分的にもこんな気持ちは気持ち悪いというのはわかっていたので、また友達の下着を漁り気持ちを友達に向けることにした。
しかし気持ちに反してなぜか、体は違う動きをしていた。
妹のバッグを漁ると昨日身に付けていたターコイズブルーの下着を手にしていた。

パンツには黄色い染みがつき、反射的に汚いと思って置いてしまった。
そして元々おっぱい星人だった俺はブラを手にしていた。
65C!どうやら友達より妹の方が少し大きいらしい。
友達の下着はみんな洗濯物で洗剤の匂いがしていたが、妹の下着は体臭なのか洗剤や香水なのかはわからないがほのかな甘い香りだった。

俺はとりあえず二人の下着で一人エッチを楽しみ、また眠くなってしまった。

‥ガタガタと音がして目が覚めた。
妹と友達が帰ってきた。
「あー。
まだ寝てる!ずっと寝てたの?」と聞かれたので「さすがに起きたよ。
昼は出掛けてきた!」と嘘をついた。

時間は夜の8時になっていた。
この二人は昨日もほとんど寝ていないのにとんでもない体力だと思った。
しかも今から居酒屋に行こうと言い出す始末。
俺は運転手で!と言い連れていくことに。

居酒屋で彼女らは結構勢い良く呑んでいた。
前日からの不眠もあるためか、当然酔いも早い。
二人とも眠そうなのでとりあえず連れて帰ることに。
二人に肩を貸し部屋まで連れていき、妹と帰ろうとすると妹は眠すぎて帰りたくないと言い出した。
さすがに困ったが担いで帰るのも大変だし、友達も結構グデングデンで大変そうなので俺は次の日の仕事を休む覚悟をした。

俺は昼間がっつり寝てしまったし眠くなかったのでどうしようか悩んでいた。
‥その時目に入ったのが、寝転んだときに捲れ上がったのか二人のお腹と、ショーパン姿の友達とスカート姿の妹だった。
その瞬間俺の心臓は急に鼓動が早くなり、体が震えた。
俺は寝ている二人にそっと近づき、布団をかけながら肩や背中などに触れてみた。
全然反応はなかった。
そっと友達の内腿の辺りを触る。
めっちゃスベスベ!‥しかし少し触っていると緊張と興奮が凄まじいのか手のひらに汗がびっちょりで滑らなくなっていた。

全く起きる気配がない。
俺は服の上からそっと友達の胸元を触ってみた。
‥ほとんどブラの感触!生乳を触りたいと思い、ブラから上に手を動かし上乳部分に触れると指先に柔らかい感触が!はじめて触るおっぱいに感激しながら、しばらく上乳を触っていたがやはり触りたいのは乳首。
腹まで捲れている上着をさらに捲りあげ、ブラジャー丸出しに成功!と思った瞬間に友達が寝返りをうち横向きに!
やばい!!!と思ったが幸い起きたわけではなかった。
横向きになり腕の位置が変わったのが良かったのか、ブラジャーがパックリと浮き友達の乳首が丸見えに!今思い返して例えるなら江○マキコのような乳輪が小さくて乳首が固そう?な感じだった。
触ろうとして指をブラの中に滑り込ませようとしたが、友達の腕が邪魔しているのと自分の手が震えまくりでうまくいかないうちに寝返りをうたれてしまい、チャレンジ不可になってしまった。



2: 投稿者:兄 ◆vPbFssNu0M 投稿日:2014/09/27 02:32:19

しかしここまできてこの興奮は抑えきれるわけはなく、標的を妹に切り替えた。
妹のこともあっさり上着とスカートを捲りあげ、下着丸出しの姿に。
2日目の夜は薄い黄色の下着だった。
妹も全く起きる気配はないので友達の時より大胆に強引に攻めた。

横向きで寝ている妹の背後にピッタリとくっつき、お尻に勃起した息子を押し付け、胸を優しくではあるが鷲掴みのポジションへ!友達のは鷲掴みはしてないのでわからないが、やはり上乳のボリュームと柔らかさは妹の方があった気がした。
力は込めないようにゆっくりと優しく胸全体を揉み揉み!そしてやはり狙いは乳首に!横向きだったので今度は思いきって背中のホックを外してしまった。
ブラをずらすと念願の生パイの全貌が!先に体つきだけ説明しちゃうと胸の大きさは誤差があるかもしれないし、色はもう少し薄かったが、乳首と乳輪の形や突起や大きさと、陰毛の感じは松○ヒロミと似ている感じだった。

元々友達よりは大きめで突起の目立つ乳首の妹だったが、指で優しくつまみ、こりこりと転がしてやると乳首はみるみるうちに堅くなり、長さもニョキニョキと伸びていた。
正直想像していたよりも大きくてお母さんのような乳首だった。
俺は妹の正面側に回り込み、胸元にやや強引に頭を突っ込んだ!ここでバレたら確実に終わりだが、なぜかこのときは妹が起きないような感覚と、ここでやらなきゃ後悔する!という感情で理性を抑えきれなかった。

ペロペロ‥舌で転がすと、勃起してしっかりと強度のある乳首は元の位置に戻ろうと強い反力で反発してきた。
妹の乳首を舐めながら自分の息子を握っていたが、どんどん大胆になり、寝ていて軽く握るような状態になっていた手の中に息子を滑り込ませて腰を動かした。
同じ手なのに自分で触るより気持ち良く感じた。

当時はあまり下半身に興味はなく、胸ばかり触っていたが、さすがにちょっと飽きパンツを凝視したり、恥丘?を撫でたりしているうちにパンツも脱がしたくなってしまった。
これも自分でも恐ろしいほど大胆に妹の腰を浮かせあげ、スルリと足首まで下げてやった。

前述してしまったが、陰毛は密度が濃い感じで、長さもあまり整えてなかったのかふさふさに生えていた。
そっと大腿部に手を入れ、足を開かせて陰部を覗いてみると、キラッと光った気がした。
俺はその部分に触れてみるとヌルッとした。
濡れてる!俺ははじめて女性の秘部を触った。
しかもヌレヌレ!昼間パンツの染みを見てしまっていたせいで若干抵抗があったのだが、ヌルヌル感が気持ちよかったので指を少し入れてみることに。
ヌルッ‥ヌプ‥と中指の第一間接が入った。
見た目はグロいけど暖かくてヌルヌル柔らかくてきもちいい!いつの間にか抵抗もなくなり指の根本まで入れていた。

時折妹は「ん‥」などと吐息?を漏らしながら眉間にシワを寄せたりした。
普通なら起きてる?とか怪しむものなのだろうが、このときの俺は根拠のない自信だけは満々で、起きるわけないし、起きててもきもちいいから寝たふりを続けるはず!などと童貞丸出しの考えだった。

俺は妹を横向きから仰向けに寝かせ直すと、まったく躊躇いも罪悪感もなく、興奮だけが先走り、妹の足を開かせた股の間に座っていた。
そしてぎんぎんの息子を妹の秘部に擦り付けた。
亀頭がヌルヌルしてきた。
俺はそのまま前進。
ニュルニュル‥ヌプ‥と俺の決して大きくはない息子が根本まで飲み込まれた。
半端なくきもちいい。

俺は最初はゆっくりゆっくりとピストンを開始する。
1回の出し入れを10秒くらいかけてじっくりと味わった。
息子もしっかりと根本まで妹の液で濡れ滑りが良くなった。
徐々に早く!けど妹を起こさないように様子を伺いながら!すると俺のピストンにあわせ胸が上下にプルンプルン!女の子の胸って柔らかいんだと改めて認識するような光景だった。

そんなに早くしていないはずなのにはやくも射精感が襲ってきた。
抜きたくない葛藤と戦いながらも中はまずい!と思うかすかな理性を保ち(妹に!しかも生で突っ込んでる時点で理性など効いてないのは自覚しています笑)ピストンを続けた。
ヤバイ!出る!と思った瞬間にディッシュが近くにないことを認識!妹にかけるのもまずいと思ったが、射精直前で止めることもできず、ビュッビュ!と発射!すべてを手のひらで受け止めていた。

洗面台へ行き手を洗い戻ってきた。
部屋を見るとほぼ全裸の妹と、服が捲り上がってブラ丸出しの友達!賢者タイムなので興奮や悦より焦りがでかかった。
俺は焦りながら妹にパンツを履かせたり、ブラをつけたりしていた。
しかしここは童貞パワー爆発!さっきまで賢者タイムで焦りもあったはずなのに、ブラをつけているうちにまた胸が揉みたくなってしまった。
しかしせっかく妹のブラをつけたことと、さっき不完全燃焼だった友達の乳首を触りたいと思い、妹の後片付けを済ませて再び友達へ。
しかしやはり友達は少し触ると寝返りなどをうつためあきらめた。

‥数年後この友達は実はすごくスケベでセフレ関係となり、2年間楽しんだ。
ある時、この友達とエッチ中に「あの時さぁ~」と言われかなり焦った。
けどもうこのときは俺の性癖やエロさも相手は分かっていたため、「もしかしてバレてた?(笑)」と聞くと、「分かってたよー(笑)」と言われ、「わかってたなら触らせてくれれば良いのに(笑)」と言うと「ほらー。
あの時は‥触らせておくとさぁ‥あの時はスッキリしてたみたいだしいいでしょ?(笑)」と言われて俺は青ざめた。
「もしかして‥?」と聞くと、「わかってたよ!なんて最低なお兄ちゃんだろう‥ってあの時はちょっと引いたけど(笑)」と言われた。
「‥妹はもしかしてわかってるのかな?」と聞くと「たぶん分かってない(笑)あの娘酔って寝ると記憶ないらしいから(笑)飲んだ後とか寝てるとこやられてるの見たことあるし(笑)」と衝撃の発言が!「妹を犯しちゃうような奴とセフレとかやじゃないの?」と聞くと「やだったらこんな関係になってない(笑)」と失笑!しかし友達はいきなり「けど他の男に言われたことあるけど私より妹の方が中の感触きもちいいの?」と聞かれた。
「え?どーゆーこと?妹とやったことある男とエッチしたの?」と聞くと「だって妹ちゃんが酔ってるときにやってるのみんな私のヤリ友の男友達だもん!」と平然と言い放った。
「ぶっちゃけ前に私が好きだった男が妹ちゃんの元カレなんだよね。
」と完全なる逆恨みで、男友達に妹の体を弄ばせていたらしい。
自分も妹を犯してしまった最低野郎だが、さすがに妹が弄ばれてるのを聞いて、友達に嫌悪感を抱きセフレ関係が自然消滅してしまった。
友達いわくこの事実を知ってたら妹との友達関係は成り立たないので妹は気付いていないと言っていた。

妹が実際に分かっているのかいないのかは迷宮入りだが、最近また妹の中に挿入したい欲が自分の中で芽生えている。


引用元サイト:ナンネット|近親相姦 禁断の世界
引用元掲示板:近親相姦 兄×妹体験告白 > 妹との体験

注目ニュース

相互RSS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。