新O久保の某マッサージ店


マッサージで感じちゃった俺の体験談スレより


1: 投稿者:milk ◆2CRtvVD4LE 投稿日:2013/01/16 11:01:52

以前sexiの日記にアップしたものです。

場所は新O久保の某マッサージ店。
通いつめた結果、今では追加料金なしで
必ず手コキをしてくれるようになりました。

無言のアピール、無理のない交渉、駆け引き、
これが楽しくてマッサージ通いをやめられません。

長く、拙い文章ですが、同じ趣向をお持ちの皆さんに
少しでも楽しんでいただければと思います。


たまに行きたくなるマッサージ。
風俗系じゃなくって、ヌキなしの健全店。

いつもオイルかリンパコースなのですが、
リンパだと結構際どいところまで施術してくれます。
始まる前に紙パンツをはかされるのですが、
これがまたちんちんの部分だけ袋みたく収まる
キワッキワのTバック。
見られたい僕にとってはこれをはくだけで
すでに興奮してしまいます。

まずはうつ伏せに寝かされ、
上半身にオイルをたっぷりと垂らされて、のばされて、
リンパの流れに沿ったマッサージをじっくりと。
この時点でよからぬコトを考えてしまっている僕は、
ベッドに押し付けられた圧力ですでにちんぽカチカチ。

マッサージ嬢がタオルを取りに行くスキに、
わざとギン勃ちちんぽを紙パンツから取り出し、
はみ出してしまった感じにしておきます。
ついでに軽く竿をシゴいて気分も高めて。
で、嬢が戻ってきて、今度はいよいよ下半身。

下半身のリンパといえば
鼠蹊部から内腿の付け根あたり、
もっと言うとちんぽと玉の両サイドとその周辺。
言うまでもなく最も性的に敏感な部分です。

紙パンツも必要最小限の部分しか隠れていないこともあって、
鼠蹊部から門渡り、アナルがヒモ一本のみで
ほぼあらわになっている状態。
太もも辺りからオイルを垂らされ、
ゆっくりと内側へ、さらに上にのばされていきます。
この時腿付け根のリンパ部分を施術できるよう、
うつ伏せのまま片足だけを
外側に折り曲げた体勢にされます。

内腿に丁寧に塗り拡げられていくオイル。
そのたびに玉の方に指が触れ、
高ぶっている僕もビクッ、ビクッといちいち反応します。
しかし嬢はノーリアクション。

その後も何度もさわっ、さわっと玉に指が触れ、
僕の腰が徐々に浮いてきてしまいます。
そうして気づけばほぼ四つんばいの体勢に。
もちろん先ほどわざとはみ出させておいた
勃起ちんぽもボロンと露出した格好。
嬢からは玉越しにギンギンのものが見えているはずで、
ぶらんぶらん、びくんびくんと存在を主張しています。

嬢は極めて冷静を装って玉の両サイドから
戸渡りの部分にかけてオイルを塗りこんでマッサージ。
この時、玉はもちろん門渡り部分に手が伸びるたびに
アナルにも指が触れます。しかも頻繁に。
アナルが感じる僕にとっては
もうこれ以上の焦らしはありません。
四つんばいの体勢なので自分からは見えませんが、
ガマン汁が施術台にまで糸を引いて垂れているはずです。

しばらく念入りにマッサージをされ、
もう脳がトロトロにとろけそうになっているところで
仰向けになるよう促されます。
荒くなった呼吸を整えながら仰向けに横たわると、
ガマン汁まみれで暴発寸前の勃起ちんぽが、
嬢の目の前に・・・

さすがにこうなると苦笑いしながら、
「元気ですね・・・」とひとこと。
ここまできたらもはや隠す必要もなく、
施術を続けてもらいます。

嬢は再度オイルを手に取り、
太ももから鼠径部へと塗り拡げます。
鼠径部を両手で施術する際は、
眼前、しかも近距離まで
ちんぽに顔を近づける形になります。

僕はここぞとばかりにアナルに力を入れて、
ちんぽをビクン、ビクンと動かしてその存在をアピール。
嬢もチラチラと怒張したものを見ながら、
それでも懸命にマッサージを続けてくれます。
もちろん際どい部分に触れられていて、
しかも僕もちんぽを動かすものだから、
何度も嬢の手にそれが当たります。

この辺りで大抵嬢も観念するのか諦めるのか、
手を動かす範囲を狭めてくるのです。
そして気づけば門渡りから玉を重点的に、
明らかに性的な刺激を与える動きになっています。

ここで「手でいいからしてくれませんか?」と交渉するものの、
やはり「そういうお店ではないので・・・」と断固拒否。
そう言いながらもちんぽから目を離さず、
手の動きも依然敏感な部分周辺に集中している。

我慢できなくなった僕は
そっと嬢の手を取って優しくちんぽへと導き、
軽く握らせる形にします。
その上から自分の手をかぶせて、
ゆっくりと上下にストロークをはじめます。

同時に囁くように「乳首も弄って・・・」とお願い。
最初ゆっくりと乳首にオイルを伸ばすように触れ、
そして徐々にリズミカルに指で弾きつつ、
時折キュッと摘みつつ、つねりつつ・・・
これがまさに発射のスイッチとなりました。

こうして乳首を刺激されながらの手コキ
(厳密には嬢の手をオナホールのように使わせてもらう)
によって、隣と薄い板一枚で仕切られた半個室で、
息を殺しながらのスリリングな絶頂を迎えたのです。

「ドクッ・・・!・・・ドクン・・・ドクン・・・」

ちんぽと僕の目を交互に見ながら、
もはや僕の手で力を加えずとも精液を搾るように
ギューッと根元から亀頭の方へと絞り上げる嬢。
長い焦らしの末に全てを吐き出し熱をもったちんぽは、
手を放してもまだ大きな脈動を続けています。

嬢は手のひらにたまった精液をタオルで拭き取り、
僕のちんぽの汚れも丁寧に拭ってくれました。
しばしの沈黙と、見つめあい、照れ笑い。
最後は何事もなかったかのように少し世間話をしながら、
蒸しタオルで全身を拭き取っておしまい。

疲れを癒しに行くはずが、逆にちょっとした疲労感(笑)
しかし気分は充実したのでありました。
いつもこういう流れになるとは限りませんが、
それでもチャレンジする心は忘れません(笑)


引用元サイト:
ナンネット|マッサージで感じちゃった私達
引用元掲示板:
マッサージで感じちゃった俺の体験談 > 新O久保


注目ニュース

相互RSS