カラオケボックスでの夫婦


夫婦生活報告スレより


前回:年の差仲良し夫婦

1: 投稿者:まりぴら ◆ayTKhT4lW2 投稿日:2013/01/23 19:38:17

昨日も初投稿して、何とか喜んでご覧いただいたレスをいただきましたので、
頑張って2度目の投稿をしてみようと思います。
引き続き、読んでいただきましたら感想をレスいただけると継続の力になると
思いますのでよろしくお願いします。

昨日の投稿では、妻の実家に帰省中の実家での営みについて投稿しました。
そして、その時は寝室の状況から妻がイキまくり夫の私が不完全燃焼で終えていたので、
妻からも優しく「明日はどうにかしようね」と声を掛けてもらっていました。

さて、その翌日、妻が両親に対して「たまの帰省だから子供二人を面倒見てて」と
お願いをし、年に数回あるかないかの夫婦2人での食事に出掛けました。
と言っても許される時間は18時からせいぜい22時くらいかな~と言う感じで。

時間も限りがあるので実家の近所の居酒屋に行き、何事もないような素振りで普通に
食事をしていました。
とは言っても、子供がいない2人きりと言う状況自体に新鮮さがあり、お互いに自然と
お酒も進んで過ごしていました。
私(夫)はもちろんですが、たぶん妻の方も、昨晩の寝室での出来事とその後の一言は
頭のど真ん中にしっかりと意識していたんだと思います。

そして食事も済みお酒もほどほどに進んだ頃、なんと!妻の方から
「この後、ここの上の階にあるカラオケでも行っちゃおっか?」とのお誘いが。
その時で既に21時になろうかと言う時間だったので、二つ返事で行く事になりました。

お互いにトイレを済ませ、同時に会計も進めている時に、こんなドキドキするシチュエーションを
少しでも長く楽しみたいと思い、妻に耳打ちして「すぐそこでゴム買って来るね」と。
妻も「分かった」。
で、すぐ目の前のコンビニに行くだけでも無駄に早歩きになってしまい、これからの行動を
想像しながら恥じも関係なくコンビニのレジにゴムだけを持って購入しました(笑)。

お店に戻ると会計を済ませた妻が待っていて「じゃ行こうか」と言い、上の階に上がりました。
小さめのカラオケボックスなので部屋自体も狭く、3人掛けくらいのソファがあるだけでした。
カラオケなので部屋に入るドアは、上から下の方まで細くガラスが入っており、目の前を通り
がかる人が中を覗いたら完全に見えちゃう状況です。

しかし前途のようにやはり妻も昨晩の一言がど真ん中にあったらしく、部屋に入り照明を暗く
調節するとソファに座り、カラオケの機材をテーブルに置いたまま触ろうともせず身を寄せて
来ました。
一応私は「カラオケはしない?」と聞くと「任せるよ」との事だったので、それからは何も
言葉にせず妻をソファに押し倒しました。
もちろん妻も倒されながらも私が覆いかぶさる事を受け止めてくれました。

昨日の初投稿でも書きましたが、私は軽く寝取られ系の願望があり、普段の妻とのS○Xの最中も
そんな事を耳打ちしたりして、より興奮したりしているのですが、そのカラオケボックスでも、
妻の耳元で「ここじゃ人が通ったら○○ちゃんの姿見られちゃうけどいい?」と少し意地悪く
聞くと、妻もスイッチが入っている為「いいよ」との返答。
その言葉で二人とも完全にスイッチが入りました。

そこからは無言のままブーツを脱がし、続いてミニスカートの下に履いていたタイツを
脱がしちゃいました。
ソファで倒された妻の膝の間に座り起き上がった状態から妻を見下ろし、そして丸見えになった
妻のパンティを割れ目に沿ってなぞってみると既にパンティ越しからでも湿った感じが分かりました。
すると今度はその体勢のまま妻自身で上のセーターを脱ぎ、タンクトップ姿になりました。
もうこの時は完全にパパ・ママではなく男と女状態です。

妻が寝た状態から両手を広げて「おいで」のポーズをしたので、そのまま上から覆いかぶさりました。
そうなると昨日に引き続きいつもの流れです。
私が胸を触ったり舐めたりしてる間に妻は自らの指でオ○ニーを始めました。
いくら妻でも女性が自分の見てる前でオ○ニーを始め「気持ち良くなってきちゃった」なんて
言われたらとても興奮してしまいます。
完全に変態モードになっている私は
「○○ちゃんはそんなにオ○ニーが好きなの?」とか
「ちゃんと俺がいない時でも一人でするんだよ」
「こんなエロい○○ちゃんの姿を誰かに見せちゃおっか」
などと、妻のいろいろなエロい姿を想像しながら問いかけます。
妻の方はと言うとスイッチ全開だからなのか?
「オ○ニー大好き」や
「一人で毎日しちゃってもいいの?」とか
「こんな姿を見たら男の人は興奮するのかな?」などと
常にまんざらでもない返答が返ってくるのです。

こんな言葉の掛け合いをしていると、私の方はもう我慢が出来なくなり、買ってきたばかりの
ゴムの封を開けながら、妻の頭元に移動しオ○ニーをしている妻の口にチ○チ○をもっていきます。
妻も喜んでくわえてくれ、自分で頭を動かしてピストンをしてくれます。
ゴムの準備も出来、完全に興奮状態になったチ○チ○にゴムを被せ、狭いソファの上で無理矢理の
体勢で一気に挿入しました。
妻も昨日は声を出せなかったからか「今日は声出してもいいよね?」と私の返事を聞く気もなく
いつものように声を出して感じてくれました。
その後はやはりソファが狭く体勢が難しかったので、妻をソファの上で四つん這いにしバックで挿入。
妻の奥まで突きながら、妻の状態を起こさせ目の前の壁に手を付かせたりと、バックでの体勢を
いくつか変えながら楽しみました。

残念ながらせっかくゴムを買ってきた甲斐も虚しく、妻が挿入後最初のイクタイミングで、私も
我慢できずに果ててしまい、こんなシチュエーションでの興奮を一瞬にして終わらせてしまいました。
妻はまだもっとしたかったようで、私がイッてしまった後も私の上に座ってきて
どうにか立たせようとしてくれていましたが、36歳と言う私には難しいことでした・・・。

少し妻に不満が残りながらも、部屋の残された時間で数曲カラオケを歌い、
時間になったので帰路につきました。

場所はともかくとして、妻は一旦スイッチが入ると言葉の上でも行動の上でも
かなりのエロさを発揮してくれているので、近いうちに私の変態趣向に巻き込んで、
反対に私を追い越してくれるんじゃないかと期待半分、不安半分で
妻と一生仲良くしていきたいと思っています。

またまた長文になってしまいましたが、楽しんでくれる人がいるようでしたら、
過去の体験も皆さんに読んでもらいたいと思います。


引用元サイト:
ナンネット|知り合いの人妻
引用元掲示板:
夫婦生活報告 > カラオケボックスでの夫婦


注目ニュース

相互RSS