変態ドスケベ人妻


人妻との体験スレより


1: 投稿者:聖キンタマーニ 投稿日:2012/12/08 19:14:22

俺がやった人妻の中でダントツで変態ドスケベだった女の事を書きます。
その人妻とはよく行きつけのパチスロ屋で知り合い、2回ほど食事に行ったのですが、
意外とガードが固く、手も握れませんでした。
事前に色々情報を集めていたので、これはイケる!と思っていたので、がっかりしました。

まず外見はかなり派手で、髪の毛は茶色く、化粧も濃いめ、年は38、旦那の年は46、
おまけに旦那とはほとんど接触しない。
となると、絶好のチャンスですよね!
ところが、さっき書いたように、見事に撃沈!勿論口説いたのですが、
「旦那がいるから」「話相手じゃダメ?」などとかわされてしまいました。

それでも諦めきれず、誘いつづけ、4度目の食事の後、やっとカラオケボックスまで行きました。
カラオケボックスで、酒を飲ませ、お互いに5曲位歌いあうと、俺はいきなりキスをかましました!
いい雰囲気だったので、このままイケる!と踏んだのですが、抵抗されてしまいました。
俺は少しかっとして、「何でダメなの?」 と聞きました。
すると彼女は「だって年も離れ過ぎてるし…。私はおばさんだし」(当時の俺は25才)
などとくどくど言いだしました。

俺はこれは優しくしててもダメだ!と思い、強引にキスをしました!
今度もかなり抵抗しましたが、がっちり押さえつけ無理やり口を開けさせて、ベロをつっこみました。
すると徐々に体の力が抜けていき、ベロを絡めてきました!
俺は一気にたたみ込む事に決め、ベロを吸いながら自分のGパンのチャックを下ろし、
すばやくボクサーパンツごと膝まで脱ぎました。
そして香織さん (この人妻の名前)に俺の チンポを握らせました。

香織さんの手は震えていて全く気持ち良くありません。
それでもディープキスで興奮はしているみたいで 鼻息はとても荒く、うるさいくらいでした。
俺は調子に乗り、香織さんの髪の毛を掴むとチンポに近ずけました。
香織さんは諦めたようにオズオズとチンポを舐め始めました!
ところがこれも期待外れ!全然上手くないんです!

思わず、「しゃぶるの嫌い?」と聞いたら、「ごめんなさい、あんまりしたことないから…。」
詳しく聞いてみると男性経験も旦那を入れてもたった3人!
俺はかなりスケベな淫乱 sexが出来ると思っていたので、思わず舌打ちをしてしまいました。

それに気付いたのか、香織さんは顔を紅潮させながら「どういうふうにすればいいの?」
とチンポを握ったまま聞いてきました。
俺のSっ気に火がつきました。
丁寧にかり首を舐めさせ、尿道を舌でグリグリさせ、そしてソファーの真正面に座らせて
キンタマ、ケツの穴も舐めさせました。
ケツの穴は初めて舐めたそうです!
そして深くくわえさせたまま、喉の奥に発射しました。

「よし!全部飲め!」
俺が偉そうに命令すると香織さんは顔を歪めながら精飲しました。
精子を飲むのも初めてだったそうです。
ちなみに旦那はパイズリが好きで、結婚当初からそればかりで、sexも弱く、つまらないそうです。
それでも、愛情はあると言っていました。

まだ早い時間だったので、俺は場所を移す事にしました。
勿論、ラブホです。
香織さんはカラオケボックスで散々チンポをしゃぶったからか、おとなしくついてきました。

ラブホに入ると俺は直ぐに香織さんの服を脱がしにかかりました。
派手な服を脱がすと…。ダブついた体に上下違う色の下着…。
(ブラジャーは白パンツは濃い青) 正直かなり引きました。
俺は腹立ちまぎれに香織さんをベッドに乱暴に押し倒しました。
ディープキスをすると、今度は夢中で舌を吸ってきました。
明らかにさっきより積極的になっています!
「唾飲んで!」香織さんは口を大きく開け、俺の唾を大量に飲みました。
荒々しくブラジャーを取ると干し葡萄の様な乳首が…。
両方の乳首をネジり、吸いまくると物凄い声でヨガりました。
さらに腋の下、腹を舐めまくり(腋の下は酸っぱかった…。) 上半身を立ちあがらせ、
香織さんの背後にまわり、パンツの上からオマンコをいじりました。
もうオマンコはパンツの上からでもわかる位ドロドロに濡れていました。

背後から耳を噛み、パンツに手を突っ込むと溢れるほどの マン汁が!
そのままクリトリスを乱暴にこねたり指を3本まとめて突っ込んだりしてなぶると
香織さんは涎を垂らして軽く痙攣し始めました。
痙攣している香織さんを、今度は四つん這いにしパンツを引き下ろしました。
濃い青色のパンツの裏地には真っ白いオリモノがべったり…。
少し異臭も…。
今なら平気だけど、その時は「汚ねぇ!」と思いました。
四つん這いの香織さんのオマンコを乱暴に両手で開き中を見ると、ヒダヒダの中や外に白い物が少し、
ケツの穴もこじ開けて見るとパンツの繊維やら、ティッシュのカスやら…。
俺はこの時点でかなり萎えてしまいました。

俺は舐めるのは止め、その代わり備え付けのピンクローターを使う事にしました。
ついでに瓶ビールも取りだし飲みながら香織さんをなぶりました。
ピンクローターをオマンコに突っ込み、指でクリトリスをいじくると、香織さんは
「ああぁ、むういい!気持ちいい!気持ちいい!」等、又叫び始めました。
俺は心の中では「汚いマンコしやがって!パンツも染みだらけだし最悪だ…」と思っていました。
オマンコに突っ込んでいたピンクローターを今度はケツの穴に突っ込み、
ビール瓶をオマンコにオマンコに思い切りつきさしました。

あまりにもうるさくヨガるので、俺は自分の履いているパンツを脱ぐと、
香織さんの口の中に押し込みました!
香織さんは目を白黒させ、俺のパンツを噛みしめました。
そのままビール瓶をオマンコに高速で出し入れすると、マンジルがグッチゃグッチゃ音をたて、
香織さんは「ぐぐっが、あぁ、むうぁ、あああぁ、むうふぁぁ、むう」等と獣の様な声を出し、
ケツをふりたくります。
散々なぶると大きく仰け反り、ぐったりしました。

冷蔵庫からビールを出し、香織さんを起こし口から俺のパンツを取り飲ませると夢中で飲み干しました。
「今度は俺を気持ち良くさせろよ。」
いい終わらない内にチンポにムシャブリついてきました!
「チンポの前に全身から!」と命令すると素直に「どこでも舐めます!」
そしてその通り、全身を舐め始めました。
上手くはないのですが、夢中で舐める姿はとてもエロく、俺は興奮しました!

ひと通りベロベロ舐めると両足の間に入り金玉にとりかかります。
カラオケボックスの時より大胆にムシャブリます。
両足を高く上げると、ケツの穴に吸い付いてきました。
俺はアナル舐めが好きなのでいつも長時間させました。
そして遂に(笑)チンポです。
チンポの舐め方が少し異常になっていました!
カラオケボックスで舐めさせた時はおとなしく遠慮がちだったのですが、この時は夢中で舌をだし
ベロベログッチゃグッチゃ、舐めまくっているんです!
これは相当エロいな…。この時そう思いました。

チンポを長時間エロく舐められた俺は興奮し、69の体勢になると
目の前のオマンコにムシャブリついていました!
興奮しているので臭いオマンコでも何でも良かったのです!長い舐めあいが始まりました。
両手でオマンコをこじ開けベロを突っ込み、ピンクローターを入れっぱなしのケツの穴に更に指を突っ込みます。
香織さんは悲鳴を上げながら、チンポに食らいつきます。
夢中で舐め、舐められている内に2度目の射精をしてしまいました!
今度は予告なしだったのですが、香織さんは喉を鳴らして飲み込みました!
精子が出終わってもしばらくチンポを舐めていました!
そして二人でビールを飲みしばし休憩しました。

「精子飲むの平気になった?」
香織さん「うん、おいしいって言うか何かすごいやらしい気分になる!」
しばらくイチャイチャしてると、又チンポが大きくなってきました。
香織さんはそれを見逃さずいきなりシャブリ始めました。
シャブリ始めると何か陶酔したようになり、夢中になります。
「チンポから出る物は何でも飲めよ!」
香織さんはトロンとした目で「あい、なんでも飲みまぁふ…。」
全身を丁寧に舐めさせ、 香織さんを四つん這いにさせオマンコをチェックすると、もうまん汁がだらだら…。
俺は香織さんの体中を舐めまわした。
まん汁を吸いまくり、ケツの穴もこじ開け舌をネジ込み、乳首もちぎれるほど吸った。

そして今度は俺が上の69。
香織さんの顔の上に俺が座り、香織さんの両足をかかえ上げオマンコを俺の顔の位置に持ってくる。
そのままオマンコとケツの穴を吸いまくり、いじりまくる。
香織さんも夢中で舌をケツの穴に突っ込み吸いまくり、ブチュブチュブチュ、ビチャ、ビチャ!
下品な音をたてて舐めあった…。
そしてチンポ挿入! 勿論生で突っ込む…。
最初は浅く、軽く、それでも香織さんは高い声であえぐ。
「あーん、しろ!」
口を開けさせその中に唾を吐き飲ませる。
何度か繰り返すと顔を近ずけただけで口を大きく開け、唾を待つようになった。
しばらく正常位を楽しむと、今度はバック。
高速ピストンで打ちつける。
2度も射精してるので、かなり余裕がありました。

色々な体勢で散々突っ込みまくると、香織さんは息も絶えだえに…。
「チンポから出るヤツ飲みたいか!」
「ふ、ふぁい、飲、飲みたいでず!」
「ちゃんと言え!」
「せ、精子が飲みたいです!」
香織さんは口を大きく開け、俺はチンポを口に持って行き三度目の射精をしました。
香織さんは夢中で精子を舐め、飲み込みました。

ぐったりしている香織さんの髪の毛を掴みチンポの目の前に顔を持ってくると、
すかさず口に含み舐め始めました。
俺は予告もせずオシッコを出しました!
香織さんは一瞬、「ぐむぅ」と唸りましたが、直ぐにトロンとした目になり、
オシッコを飲み始めました!
かなりの量のオシッコでしたが、全部飲み干しました!
俺は満足し、ベッドに大の字になりました…。
香織さんはフラフラと大の字になった俺に倒れ込みました…。
そしてへらへら笑いながらチンポをいじりだしました…。

香織さんとは多分2年ほど付きあったと思います。
後にも先にもこんなにエロく、変態な女は居ませんでした…。
他にも色々なプレイはチャレンジしたんですが…。

長くなりすぎたので又今度
読んでくれたかた、どうもありがとう。
読みにくかったらごめんなさい。
なにせ素人なものですから…。


引用元サイト:
ナンネット|知り合いの人妻
引用元掲示板:
人妻との体験 > 変態ドスケベ人妻

結婚してもう6年、子供はいない。、優しい旦那だけど・・・でも私、気付いちゃったんです。『色んな男とやってみたい』って。屈強なオトコにヤラレよがり狂うあかね 28歳。極上の美貌とスレンダーなカラダを持つ人妻が悶える姿はたまりません。
出演:有村あかね 
メーカー:カリスマ

注目ニュース

相互RSS