バカ姉 その38 『バカ往復(閉め出し)』


近親相姦 経過報告スレより


1: 投稿者:ともゆき 投稿日:2012/11/08 00:07:44

バカ往復(閉め出し)

『あいこ』は僕の醜態を心行くまでからかって、道路の上なのに転げ回ってバカ笑いしてました。
ひっくり返って喜んでいるバカから、僕のパンツを引ったくって急いで履きました。

僕は悔しくて情けなくて仕方ありませんでした。
でも、このバカ笑いしてる女が、『今朝までショボくれていたんだな』と思ったら、
これでも『まっ、いっか』と思いました。

僕の悔しさも、白いワンピースから伸びた足がバタバタする度、チラチラ見えるヒモパンが
和らげてくれました。
さっきは片っぽが解けていましたが、いつの間にか結ばれていました。

「汚れますよ、ワンピース。」

僕が言うコトなんか全然聞かないで、『あいこ』は『ひ~、ひ~』息を荒げて笑ってました。

「…あれ?何で、裸足なんですか?」

僕は、笑い過ぎて痛くなったお腹を押さえて苦しんでる『あいこ』が、また、
いつの間にか裸足になってる事に、ようやく気が付きました。

「あ~、面白れ~。『ともスケ』最高~~~っ!」

「足、何で、履いてないんですか?」

「あはっ、あはっ、あ~~~、さっき脱いだ…。いひひひ…」

僕は『犯行現場に証拠を残してきたのか!?』と思って『ドキッ!』としました。
でも、ホントは、もっと前でした。

「あっ!?さっきの『土下座』の時ですか!?」

「うくくく…、そう。『ともスケ』のおかげで、あっはははっ、あはっ、あはっ、
 あたしもダッシュさせられた時。」

僕は内心『ああ…』と納得して力が抜けました。
『犯行現場』のまたその先に、『あいこ』の、確かサンダルが転がっているはずでした。

「………、取って来ます。」


あんなバカな事をしなかったら、別にそのままでも帰りにでも拾えば平気でしたが、
マジで『変態覗き犯』の疑いをかけられてたら、『犯人に関わる証拠』扱いにされると面倒臭いので、
急いで取りに戻る事にしました。

バカ笑いが全然収まらないコイツを、このままにしておくのもちょっと心配でしたが、
僕は『誰か追って来てないか?』、『待ち伏せされてないか?』と、ビクビク警戒しながら、
今来た逃走路を引き返しました。

通り過ぎる自動車のライトから過敏に逃げ隠れして、『犯行現場』の脇に差し掛かると、
無意味に勃起しました。
僕は忍び足でサササッと駆け抜け、さっきの場所に戻ると、『あいこ』のサンダルが
僕を待っていました。

街灯のスポットライトからちょっと外れて、可愛らしく『チョコン』と並んでいました。
拾い上げて見ると、鼻緒のところにヒマワリが控え目に咲いていて、
全然持ち主のキャラに無い可愛らしい物でした。

持ち上げたら、ほっぽっといて『悪かったな…』と、何となく思いました。
『大事な立ち会い人』の代わりみたいな感じがしたので、僕は大事に抱えて、
また忍び足で戻りました。

街灯の逆光の中に白い少女の姿が見えました。
膝を立てて両手を後ろについた横M字で、道路の上にまだ直に座ってました。

「…戻って来たんだ~?」

「来ますヨ。」

「ふ~~~ん。」

僕は『あいこ』にサンダルを『はいっ』と手渡そうとしましたが、
『あいこ』は左足を僕に突き出しました。
僕は黙ってサンダルを履かせました。

「『ともスケ』~?」

「はい。」

「お前、か・な・ら・ず・あたしのパンチラ見るよな~?」

「いっ?えっ?あ、はい…、見てます。」

「何が、そんなに面白いの?」

そう聞かれても、僕自信、何が面白いのか解らなかったので、バッチリ拝めてるスカートの中の、
『あいこ』のヒモパンをジーーーッと見ながら悩みました。

「何、勝手に見てんだヨ!?」

「う~~~~~ん…、」

「ば~か。くっだらないコトで悩むな。」

右足も突き出してサンダルを履かせてもらった『あいこ』は、立ち上がる勢いで僕の額を
『グー』で『ゴンッ!』と殴りました。
額を押さえて僕がうずくまると、僕の右手を強引に引っぺがしました。

『あいこ』にグイグイ手を引っ張られて歩き出したら、今度はいきなり、建物の間に
『あいこ』に引きずり込まれました。
ちょっと『モテ男』気分で浮かれた僕は、『あいこ』の手で口を塞がれました。

『あいこ』は僕のお腹、膝と『ポ、ポンっ!』と叩いてしゃがませると、
『声を出すな…』とドスの効いた声で囁きました。
勘違いしていた僕は、ワケが解らずビビりました。

室外機の陰で、しばらく何もしないでそのまましゃがんでいたら、
『しっ…』と『あいこ』が言って、『あいこ』が僕の肩を押して、もっと小さく固めました。

自転車をこぐ音が聞こえてきたと思ったら、頭に『特殊』が着く『公務員』の人がやって来ました。
僕がその姿をチラッと見たら、『あいこ』の手が僕の目を隠しました。

『あいこ』の手の平の下から、僕のすぐ目の前を物凄く明るく照らすライトの光が見えました。
胃袋を『ギューン』と掴まれたような痛みが走りました。

すぐ側で、僕と姉が大好きな『柳沢慎吾の「タバコ芸」』を、本職の人がホントにやってました。
『通報されてた~!?』と思ったら、僕はビビり過ぎて気持ち悪くなってきました。


物凄く長~~~い時間が流れました。
吐きそうになってる僕を、『あいこ』はガッチリ壁側に固めて隠していました。
やがて、カチャカチャと自転車が走り去る音がしました。

「まだ、動くなよ…」

物凄く手慣れた感じで、落ち着き払った『あいこ』が僕に言いました。
僕は言われた通りにジッとしてました。
しばらくすると、今度はゆっくり歩いて『特殊』な人が、またやって来ました。

また目の前を明るい光が照らしました。
その時、止まっていた室外機が『ブォン』と動き出しました。
僕は気絶しそうなくらい『ドキッ!』としました。

あまりの緊張で放心状態になっていた僕は、頭を『ぱしっ』と『あいこ』に叩かれて我に返りました。
ひとまずピンチは脱したようでした。


「ビビり過ぎだぞ、お前。」

「ビビりますよ…、普通。」

「あたしを、『犯そう』としたクセに。」

僕は、さっき真剣に『恋愛行為』をしたと思ってたのに、『あいこ』に乱暴な言われ方をしたんで、
ちょっとガッカリでした。
そんな『犯罪行為』をしたつもりは全然ありませんでした。

「関係ないですよ…。」

「ば~か、誉めてんだよ!」

「…意味が、解んないんですけど…。」

「どのくらい、ビビった?」

『あいこ』は、僕のチンポをハーフパンツの上から撫でさすって、『ビビり具合』をチェックしました。
ビックリするくらいチンポが小さくなっていて、行方不明になっていました。

「情けね~な、お前。」

「何で、分かったんですか?お巡〇さんが来るのが…」

「あ~ん?ああ…、『臭い』だよ。」

『特殊』な人を『臭い』で察知するなんて、『普段、何をやらかしたら?』、
『そんな特殊能力が身につくのか?』と考えました。
僕は冗談抜きで、『コイツ、ホントに「猛獣」なんじゃないか?』と思いました。

イロイロ考えましたが、考えて分かる方がおかしいので、考えるのを止めました。
物凄く『危険な臭い』もしてきたので、なおさらでした。

「じゃ…、この辺で…。あとは、ひとりで帰りますから…、」

「はああっ!?てめぇ~、ヤル事、ヤッたから『サヨナラ』かぁ~!?」

「いっ、いえ…、あんまり帰るのが遅くなったら、お父さんが心配するじゃないですか…」

「しねぇ~よ!するワケね~~~し!」

「『俺の大事な娘だ』って、言ってましたよ。」

「……………、言うな、バカ!恥ずかしいよ。」

『あいこ』は僕とくだらない会話をしながら、巡回してるであろう『特殊』な人を避けつつ、
結局、僕を送って、家のすぐ側まで来てしまいました。

『あいこ』が僕の手を握ったり、指に触ったりしてくるので、『また、泊まりたいのかな?』と思いました。
どうしようか迷いながら玄関に回ると、なぜか真っ暗でした。

『……………、何で??』

チャイムを鳴らしても、何の反応もありませんでした。
僕を送り出しておきながら、あのバカ母娘は僕の帰りを待っていませんでした。

「悲しいねぇ~?『ともスケ』く~ん。」

物凄くムカつく笑顔の『白い悪魔』が、ニタニタ笑いながら、また僕をバカにしました。


引用元サイト:
ナンネット|近親相姦 禁断の世界
引用元掲示板:
近親相姦 経過報告 > バカ姉 その38


注目ニュース

相互RSS