姉のクチマンはオナニーとは比べものにならない、いままでに感じたことのない快感だった


近親相姦体験告白スレより
12d2a
1: 投稿者:弟 投稿日:2014/07/31 20:13:34

姉貴が部屋に入ってきた。1階から何度か呼んだらしいが、オナニーに夢中で気が付かなかった。
急いで隠したが、完璧に見られてしまった。

「ノックしろっていつも言ってんだろ!!」
「なにいばってんのよ!!」

姉貴は何かたくらんだようにニヤッとすると、
「ねぇ、誰にも言わないからさー、男の子の1人Hってどうやるのか見せてよ」
「えっ」
俺はキョトンとしてしまった。

でも親に知られるのはいやだったので、しぶしぶトランクスを下ろした。
その頃はまだ包茎だったので、姉貴はそれを見て
「あー、まだ皮被ってるじゃん、早く大人になれよ!!」

≪姉貴は男性経験はあるのだろか?≫
などと考えながら、チンポをしごいていたが、人に見られてると思うとなかなか大きくならない。
姉貴はさかんに肉厚のクチビルを舐めまわして濡れ光らせていた。

「クチでしてあげようか・・・」
「えっ?!」
「誰にもいうなよ!!」

姉は長い舌に糸を引きながら露骨に舌なめずりすると妖しく笑った。
濡れて長いよく動く舌をベロ~っとペニスに這わせると
そのままクチビルをかぶせてリズミカルにしゃぶりはじめた。

肉厚のピンクのクチビルがイヤらしくめくれてひっつく。
亀頭のまわりをねっとりとした熱い舌がグルグル動き回る・・・
オナニーとは比べものにならない、いままでに感じたことのない快感だ。

「あぁ・・・ねえちゃん・・・」

思わず声が出る。
チンポは痛いくらいに勃起し、体がよじれる、フェラ初体験だ。

粘っこいツバでクチビルをヌルヌルに光らせながらブチュブチュ音たてて激しくしゃぶる姉貴。
ときどき上目で窺いながら顔を激しく上下させてエッチすぎるフェラ。
太いツバ糸を引きながら、咥えたまま巧みに長い舌を裏側に這わせてレロレロまるでプロみたいだ。

それに立ち昇ってくる凄くエッチな酸っぱいニオイ・・・姉貴のツバのニオイがソソりまくる。

「ホラ、姉ちゃんのクチでイっていいから」
「・・・だって・・・」
「いいから・・・ガマンしないで・・思いきり出して・・・」
「姉ちゃん・・・す、好きだよぉぉぉ・・・っ」
「あたしもよ、好きっ・・・ねっ、イっていいよっ・・クチに頂戴っ!」

姉貴は手コキのスピードを上げながら長い舌に擦りつけクチビルをヌルヌルに濡らして猛烈に吸いまくる。
ブッチュクチュクチュクチュブチュブチュブチュッチュッチュゥゥゥ~っ!

「ねえちゃん・・・出る・・・もういきそうだよ・・・」

姉貴はその言葉にもかまわず、唾を一杯出しながら頭を上下に動かしている。

「ねえちゃん、だめだ・・・いくよ!!陽子~っ!!いく!!」

尿道をえぐるように勢いよく精液が姉貴の口の中に発射された。
その間にも姉貴の舌は、グルグルと亀頭を刺激している。
気持ちよすぎて気が狂いそうだ。

「気持ち良かった?」という姉貴の問いに
「うん」と答えるのが精一杯だった。


そしてこの前、姉貴が酔っぱらって帰ってきた。
部屋のベッドに着くなり服のまま寝てしまった。

こないだクチで抜いてもらって以来、姉貴を凄くエッチに感じてオナニーしてたし
半開きの濡れた姉貴の肉厚のクチビルを見ていたら、キスしてみたくなり唇を重ねてみた。

超スッパ臭かったが唾液がネバっとしてエロかった。
吸ったりして舌を入れると姉貴の長い濡れた舌が絡んできた。
そのまま酢のニオイのする姉貴の粘っこい唾液にまみれながらクチビルと舌をたっぷり貪りまくって超ビンビン!
やばいと思い、糸を引いて唇を離したが姉貴は肉厚クチビルを長い舌で舐めまわしている。

「あんた・・・ホントに好きなの・・?姉ちゃんが欲しいの・・・?」
「・・・好きだよ・・・好きになったんだよ・・・姉貴・・・」
「あは・・・ん・・・はぁ・・・もっとぉ・・ねっ・・クチビル吸って・・ぇ・・」

また舌を入れベロベロ絡めていたら姉貴が熱くて甘酸っぱい息を吐きながらクチビルめくらせて本格的に吸いついてきた。
ブッチュブチュすげ~いやらしい音たてて吸ってくるし、姉貴あんなに舌長いとは・・・
高速でエッチに絡めまくるしなんたってニオイがすっげぇ酸っぱ臭くてヤラしくても~たまんないぐらい勃起してしまった。
これ以上はまずいと思い、姉貴の部屋を出たがあのままだったらやってたかもしれない。


引用元サイト:ナンネット|近親相姦 禁断の世界
引用元掲示板:近親相姦体験告白 > 姉のクチマン

注目ニュース

相互RSS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。