【閲覧注意】壮絶、豚姦体験談


獣姦体験告白スレより
20131025-4-23

1: 投稿者:精タン 投稿日:2012/03/11 20:16:03

今回は豚姦体験をお話したいと思います。

前々から豚姦体験への興味があり、それを実際にやってみたいと思っていたのですが、
実は今年の秋、農場のHさんという方で、ようやく豚姦を叶えてくれる人と巡り合えまして。
交渉もスムーズに進み、しっかりやらせてもらいました///


豚姦なんですが、私自身もまだ一回しか体験したことがないので、今回はその感想のみを
述べさせていただきます。
あくまで豚姦初心者であるワタシ個人の乏しい知識に基づく感想文なんで、ベテラン豚姦
の人が見られたら見当はずれなことを言っていて大笑いされてしまうかもしれません。
広い心で読んでね;


※しかし、豚姦は前記の通り他の動物とはまったく異なるモノで、注意すべき点もかなり
多いですし、苦痛しか伴わないなんて人もいるでしょう。
私は楽しめましたが、ただの興味本位というわけにはいかないプレイのようです。
実際やるときは事前の下調べややり方など情報収集をきちんと行い、必ず経験者の同伴で、
経験者の方の注意をよく聞くようにしましょう。
サイトで「豚姦」で検索してみるとけっこういろいろ情報が出てきますよ。
(どうでもいいですけど、「豚姦」と書いた時には「トンカン」「ブタカン」
 どっちが読み良いんでしょうね?)


それを踏まえて、感想を書き連ねていくのですが……

まず一つ申し上げておきます。
豚姦は犬や牛や馬との獣姦とは全く別物であると考えたほうがいいようです。
後者の三匹の場合は、おチンチンの太さだったり、コブの快感があったりはするものの、
基本は「膣にペニスを挿入、ピストンの後、膣奥で射精」という行為は変わりありません。
私に言わせれば、豚姦はむしろ特殊で過激なオナニーといったほうが適切であるかと思います。
私も(主にここを読んで)豚姦とはどんな感覚なのかイメージをつけていたので、
極端にびっくりすることはなかったのですが、とにかく順番通りにお話します。

まずはお相手の豚さんとのご対面。
豚姦は最初は小さい豚で慣れるのが一般的だそうですが、チャンスが滅多にないという事で、
今回私はいきなり普通サイズの豚さんをお相手することにいたしました。
なにより気になっていたのは、噂の睾丸の大きさなんですが……
見せてもらってびっくり。
確かに、トンデモなおおきさでした!
これに大量の精液が蓄えられていると考えるともうドキドキが止まりませんでした。

挿入の前にやっておくべきことが一つ。
陰毛を剃るようアドバイスされました。
これはHさん個人の経験に基づくアドバイスでした。
事後、漏れ出す精液に苦しめられることは知っていましたが、それが陰毛にちょっとでも
こびりつくとなかなか拭き取れず、乾くとけっこう臭いんだそうで……
きれいなパイパンにして、行為に挑みます。

準備ができて、早速挿入。
飼い主さんが自作したという改造型の擬牝台に覆いかぶさるように乗って、怪我しないように
コートみたいな服を被せられて、あとは飼い主さんが誘導してくれるという手順でした。
余談ですが、性器に豚の雌の匂いを塗られるときに、Hさんに性器をペタペタ触られること
のほうがむしろ恥ずかしかったかも。
動物相手なら全然平気なのに。

豚さんはあらかじめ興奮気味。
口に泡を噛むってどんなんだろうと思ったんですが、割とイメージのまんまでしたね。
私の後方で、性器を豚さんの鼻とかでくすぐられる感じは快感でしたが、いきなりズシーンと
上に覆いかぶさられまして。
馬さんとの経験があったので、それほど新鮮ではありませんでしたが、
やっぱり、かなり重かったですね……

Hさんが「挿れますよ」との合図で、私の陰部に豚さんのペニスを挿入してくれました。
その時から豚さんが小刻みに振動するように体を揺すっていました。
ちょっと苦しかったです。
細い先端が入ってくる感じが分かり、あとは豚さんが体重をかけるにつれて、するするっと
入ってくる感覚は新鮮でした。
まるで細いヘビが潜り込んでくるみたいで、少し気持ちよくて、豚さんの重さに息を浅く
しながらも、楽しんでいたのですが。

しかし、直後に、覚悟をしていた子宮口挿入です。

実際やってみると分かる。確かに半端なく痛いです。
ぢくりと刺すような激痛が来ます。
私の子宮口に豚さんのペニスが侵入をしはじめたのです。
次に、ジーンと痛くなってくる鈍痛。
はっきりとは分かりませんが、ペニスが子宮頸部を進んでいっているような?感じは分かりました。
腰を小刻みに振って、生まれて初めて感じる奥の奥にモノが入ってきているんです。
痛いのなんの。
ちなみに出産未経験の私。
子宮口にモノが(犬と馬の精液以外)出入りしたことなどもちろんありません。
狭ーい硬ーい私の子宮口に豚さんのペニスが捩じ込まれ、ぐりゅりゅりゅりゅ……と
子宮頸部の中を掘り進むように潜り込んでいく感じ……
話を聞いた時には興奮しましたが、慣れないとすさまじいものなんですね。
記憶にはないですが、私はその時も涙流して「うーっ、うーっ」と言っていたっぽいです。

ただ、子宮口に生まれて初めて異物が入るという恐怖感・期待感は最高でした。
途中意識がぐらつきましたが。
私の子宮口は、モノが入れるわけがないという常識とはお別れですね。

子宮頸部の閉塞が完全に壊され、子宮の奥に豚さんのペニスが届いたようで、変にお腹が
膨らむ感じを覚えました。
おそらくこれが、第一の射精。
豚さんの精液は「さらさら」「ずっしりドロドロ」「子宮頸部に栓」の三段階があるそうです。
詳しい話はベテランの方に聞いてね。
その第一段階で、もう私の子宮は少し膨らんでいたようです。
その次がいよいよ本番。第二の射精は第一とは違いがはっきりと分かりました。
まさに子宮の中にずっしりした液が流れ込んでくるのが分かるんです。
正直、私も参りました。
根を上げそうになりましたが、絶対中断不可能ということで、まさに拷問のような時間を
耐え抜きました。
子宮が破裂しそうなほど膨らんでくるのに、豚さんは射精をやめないんです。
きつい、気持ち悪い、吐きそう、というかちょっと吐きかけた。
子宮がムクムクムクムクっと膨らんできて、わきの方、卵管まで流れ込んでるみたいでした。
破裂する! 破裂する! という時間がずーっと続きました。
実際は膨らんでもそうは破裂しないものなんですね。
私はこれでも犬・馬・牛さんとの獣姦の回数(というか射精され量)にはそれなりに重ねて
きたモノがあり、こことはちがう獣姦マニア掲示板の話題間でも「もはや子宮が精液タンク」
と自負しておりました。
しかし豚姦となると、その圧倒的な精液量から、冗談抜きで子宮を精液タンクにされて
しまうんですね。
精液タンクというよりもはや精液バルーンでした;;
最終的には子宮がすんごいことになりました。
卵管と思わしき所にもタップリ入って、卵巣なんて精液漬けになってるんじゃないのと
思うくらい。
子宮はもうパンッパンになり、いまにもはちきれそう。無茶に膨らませた水風船のような
イメージ。
お腹の中の子宮の形が、私自身にもはっきりと分かりました。
実際にも、はちきれそうなほどピチピチに膨らんでいたことでしょう。
卵管が膨らむという感じも、たぶん、普通の人なら一生経験できないことのはずです。
射精最中の子宮頸部の中で動くペニスの振動も、子宮をゆさゆさ揺らされるみたいで
恐怖感がありましたね。

最後に吐き出された第三の射精。
ゼリー状のもので、子宮に蓋をするものだそうです。
これを出されると、子宮を支配する満杯精液は子宮から排出できなくなります。
実は、これは出されている実感と言うのをいまいち掴めませんでした。
もう、意識が限界だったので;
ただ、何か詰まってる感じはして鈍痛はしましたけどね。

終わった後も、しばらく意識がもうろうとしていました。
ただ、Hさんの話を聞いたのは覚えています。
「あぁ、けっこう出ましたね、苦しかったでしょ?」
言われたとおり、お腹はまさにぽっこりと膨れ上がり、まるで妊婦のようでした。
初めてじぶんのお腹をまともに見たとき、イメージ以上に膨らんでて、
「ありえない……」と、ちょっとだけ怖くなったりして。
なんか、妊娠線っぽいのもできてしまったのです;;
話によると、豚さんもかなり調子よかったようで、250mlは出たそうです。
そんなに受け入れる予定じゃなかったのに~(泣
「きっと精タンちゃんのが気持ちよかったんだねぇ(笑」
と、その時は笑い事ではなかったのですが;

しかし、そのあとも大変でした。
なにしろそれから2日間、お腹が妊婦状態ですから、大きなお腹を抱えないといけないのです。
私のお腹は張りつめた子宮で硬くなり、簡単に言えば、バレーボールみたいなものがお腹に
入っているみたい。
圧迫は恐怖でした。
破裂しそうだったので;
ゼリーが詰まっている子宮頸部も何気に少し鈍痛を覚えました。

そして、2日後の夜に決壊しました。
覚悟はしていたので、どうにか受け止めることはできましたが、漏れに気づいたら即トイレに
飛び込み、脚を開いて、漏れ出す精液をトイレに流しました。
その量、ほんっと~~~にありえない量でした;
黄白っぽくてドローッとした液体が、あとからあとからドボッドボッと漏れてくるんです。

個人的感想としては、その時の感じも不思議でした。
ちょうど、豚姦の時にちくりとした位置が子宮口だと思うんですが、そこが、液体が漏れる
たびに「どっくん…どっくん…」と脈打つように感じるんです。
そんな風にして漏れてたんでしょうね……
精液漏れがあったあとはすぐにお風呂に入って、出来るだけきれいに洗いましたが……
その晩は、その子宮口っぽいところと、子宮がまだ脈打ってる感じがして、寝付けませんでしたよ;

またやるか、と言われたら…ウーン、迷っちゃうかも;
正直、本来の用途である妊娠どころか人間男性の精液を一滴も入れたことのない私の子宮、
ここまでヒドイ目に遭わせちゃっていいのでしょうか!?
どうか私の子宮のことは今後、獣専用の精液タンクと呼んであげてください(笑


引用元サイト:
ナンネット|フェチとマニアの楽園
引用元掲示板:
獣姦体験告白 > 壮絶、豚姦体験談


注目ニュース

相互RSS