JK1年の彼女と、デートする仲になった


最高のエッチ体験告白スレより
b1681

1: 投稿者:健 投稿日:2014/07/14 18:51:09

彼女3月に15歳になったJK1年生。名前は、佐奈。
158cm、Cカップ。掌に入る大きさ。
出会いは、俺(20歳、2回生)の大学の付属中学の生徒だった。
俺が後輩の部活のコーチをしているマネージャーをしていた。
メルアドを交換し、秋から、デートする仲になった。
肩まで黒髪の、化粧していないまだ幼い顔の野佐奈。
制服のグレーのチェックのプリーツスカートがよく似合う。
風が吹くとパンティが見えそうでも
「平気、気にしないもん・・・」と、見せパンすら履かないという。


【秋】

初めてのデート。俺の車でドライブ。遊園地では、手を繋げるようになった。
初めてのキス。俺の車で迎えに行った放課後のデート。
暮れ行く駐車場の隅で、キス。唇を合わせる程度。はにかむ佐奈。
放課後デートを繰り返していく。人気ないところで、車の中でキスを重ねる。

「舌出して・・・」
そっと舌を出す佐奈。その舌を吸い上げる。
「やだあーっ・・・」
笑いながらも、深いキスを重ねるようになった。
舐めている飴を、お互いに、口移しをしたり、ジュースを口移ししてやるまでになった。

ある日
そっと、ジーンズの上から俺のものに、佐奈の手を導いた。
少し緊張していて、躊躇している佐奈。
少し強引に置くと、掌で少し撫でてくれた。大きくなった俺のもの。

「触ってみる?・・・」
「えー?? やだあー・・・」

そう言いながらも、ファスナーを降ろして、その仲に、手を入れさせた。
指先で、軽く擦る佐奈。

「大きいーね・・・」
「じゃあ、ちょっと、食べてみる?・・・」
「えー??・・・」

トランクスから出した俺のものを見て、両手で顔を隠す佐奈。
足をバタバタしている。

「ほんとに??・・・」
「教えてあげるから・・・」

そう言って、佐奈の背中を押すと、佐奈は頷いた。
目を閉じて、口に含んで佐奈。
口の温もりが優しい。

「手で支えてごらん・・・」

ものを指で支え、少しずつ、口の奥へとものを含んでいく。
ゆっくりとゆっくりと、ぎこちないスロートをしていく。
それがたまらなく感じる。

「苦しいよ・・・」
そう言って、顔を上げる佐奈。

「ゆっくりでいいよ・・・」
頷いて、また、含んでいく。

一台、車が近づいてきた。
とっさに、佐奈を起こす。下を向いている佐奈。
日を改めるしかない。

次のデートは週末。
かわいい服でミニスカート。いつもの場所で、続きをする。
佐奈の口に、含まれていく。

「今日は、いかせてくれる?・・・」
「うん・・・私で、大丈夫かな?・・・」

優しいスロートでが続く。
佐奈の髪を撫で、背中を撫でる。佐奈のブラのラインを撫でてみる。
そっと、ブラのホックを外した。

「やだあー・・・」
顔を上げ、優しく睨むが可愛い。
やがて、
「いくよ・・・いいね・・・」
頷く佐奈。あ・・・
顔を上げる佐奈。用意していたティッシュに放出した。
じっと、横目で俺を見ている佐奈。男の瞬間を、初めて見た佐奈。
ブラのホックを止めてやった。

次のデートは放課後。
場所を変え、同じように、体を倒し、口に含んでくれる。
だいぶん、上手になってきた。

「上手だよ・・・」
「ほんと?・・・」

少し、自信を持ったようだ。

「今日は、佐奈の口に出してもいい?・・・」
「えーっ?・・・」
「大丈夫、みんなやっているよ・・・」

佐奈のストロークが上手だ。ゆっくりと、歯を立てないでいる。
その時が来た。

「いくよ・・・」
頷く佐奈。
佐奈の頭を押さえつけ、佐奈の口いっぱいに、放出した。
むせる佐奈。口元を押さえ、咳をする。
ティッシュに、吐き出させた。

「ちょっと、苦いよー・・・」
持っていた、お茶で、口を潤す佐奈。
「いっぱい出たよー・・・」
笑いながら、そう言った。

次のデートも放課後。
制服の上着を脱がせ、深くキスをし、舌を絡めながら、ブラウスの上から、胸を触る。撫で回していくと
「うっ・・・あ・・・」
吐息を漏らしている。

「感じるの?・・・」
「変な感じ・・・」

ブラウスのボタンを外していく。
「え?・・・」
可愛い模様のブラが現れる。
きっと、パンティとお揃いかな。
ブラの中に、指先を入れると、その腕に自分の手を重ね、俺の胸に顔を埋めていく。

「あっ・・・」
乳首に触れる指先。優しく撫でる。

「吸っていい?・・・」
「う・・・うん・・・」

佐奈の胸に、顔を埋める。
薄いピンク色の乳首が、可愛い。
その乳首を、そっと口に含む。
目を閉じて、俺の背中を抱きしめている佐奈。

「あ・・・あ・・・」
吐息が漏れる。

「感じる?・・・」
「くすぐったい・・・」

何度も何度も、吸い上げてみる。
うっとり、息を漏らしている佐奈。
この日も、最後は、佐奈の口に、放出できた。

次のデートも放課後。
雨の車の中、抱きしめてキス。俺に抱きつく佐奈。
佐奈の腰からお尻へと、掌で撫でる。
プリーツのスカートの裾から、手を入れていく。

「恥ずかしい・・・」
囁く佐奈。すべすべした腿から、その奥に指先を向ける。
パンティに当たる。

「少し、足を開いてみて・・・」
ぎこちなく、足を開く佐奈。
指先が、パンティの上から、割れ目をなぞる。
硬くなり、じっと抱きついている佐奈。
何度も、指先で割れ目を往復する。
そっと、パンティの仲に、指を入れる。
足を閉じる佐奈。それでも、指を進める。
佐奈のヘアーは、薄い。触るだけで、本当に薄かった。
割れ目に、指先が入る。

「あ・・・やだー・・・」
濡れているような、いないような、それでも、縦の割れ目が分かった。

この日
同じように、佐奈の口に含ませる。

「飲んでみる?・・・」
「飲めるかな?・・・」

そう言って、ストロークしている。
本当に、上手くなった。
その瞬間、同じように、差なの喉奥へ、放出した。
両手で口元を隠す佐奈。ちょっと、首を振っている。
背中を撫で、「頑張って・・・」と言った。
一息に、佐奈は、ゴクッと飲み込んだ。お茶で、喉を潤した。

「初めて飲んだよ・・・」
「ありがとう・・・」


【冬】

その時が来た。
週末のデート。佐奈から、返事をもらっていた。
郊外の、ホテル。初めて、佐奈と入った。

シャワーを浴びて、ベッドに戻ってくる佐奈。
緊張しているのが分かる。冗談を言って、和ませる。
佐奈の白いウブな、穢れない肌を、愛撫していく。
形のいい、掌サイズの胸が可愛い。
左右、吸ってやる。脇の下、太腿、時間をかけて愛撫した。

足を割ると、枕を顔に被せ、恥ずかしがる佐奈。
その奥に、薄いヘアーがある。
ほとんど、隠れていない割れ目。
割れ目は、しっかり、閉じていて、陰唇ヒダは、飛び出ていない。
指先で、そっと左右に割ると、薄い綺麗なピンク色の割れ目の奥が開いた。

「あ・・・恥ずかしい・・・」

割れ目を、優しく丁寧に、舐めた。
足を閉じようとする佐奈を、押さえるける。
JC3年生の、穢れない割れ目を楽しんだ。

そして、佐奈にものを含ませる。
いつもより、エロく感じる。
コンドームを被せ、その行為を見せて教えた。

そして・・・まだ未開発の割れ目の奥へ、少しずつ、腰を進めた。
キツイ・・・本当に、キツイ・・・
それでも、少しずつ、開いていく扉。半ばまで入り、止める。

「大丈夫?・・・」
「少し、痛い・・・」

それでも、進める。
顔をしかめる佐奈。眉間にしわが寄る。

3分の2くらいは挿入できた。もうキツイ・・・
ゆっくりと腰を前後に振る。

「痛い・・・」

それでも、そのまま、放出した。

それからは、佐奈も、佐奈のあそこも、開発できるようになった。
すっかり奥まで、すっぽりと、根元まで、
俺のものを受け入れるようになった。
そして、女の感じ方を、覚えて言った。

「あっ・・・あ、ああ・・・」

そんな喘ぎ声も、可愛くなってきた。
すっかり、セックスで感じることを覚えていった。


【春】

付属高校へ、進学した佐奈。
チェックのプリーツスーアートが眩しい。
俺の部屋、ホテル、回数をこなした。
その度に、佐奈の感度は、よくなっていく。
正常位だけから、バック、背後位、いくつか教えていった。
バックが、気持ちいいと言っている。当たるところが違うと。
騎乗位・・・少し恥ずかしいと。
それでも、俺の上で、自分で腰を振れるようになった。

放課後デート
デパートの地下から上がる非常階段でに座った。

「またいでみて・・・」
座った俺の上に向かい合わせで座れと。

「恥ずかしいな・・・」
と言いながら、短いスカートを抑えて、足を開き、俺の脚の上にまたがった。
向かい合わせで、抱き合った。

「恥ずかしい・・・」
「対面座位って言うんだ・・・」

まだ、この体勢では、したことがなかった。

「しよっか?・・・」
「ここで?・・・無理無理・・・」
「誰も来ないから・・・」

佐奈を立たせ、スカートの中から、パンティを降ろした。
足元から抜いた。
しゃがませ、ジーンズのファスナーからものを出す。
佐奈は、前かがみに、それを含んでいく。

「来ないか、見ててね・・・」

大きくなり、佐奈を座らせる。
腰の位置を決め、割れ目に当てがう。

「あっ・・・」

佐奈が声を出す。
ゆっくりと奥まで、挿入していく。
佐奈は腰を沈めていく。抱きついてくる佐奈。

「あっ・・・うっ・・・あ、あ・・・」

俺も腰を動かすと、奥まで入っているのが分かる。
しかし、生だから、ここまでだ・・

そっと抜いて、佐奈はパンティを履く。階段を上る。

「興奮した?・・・」
「ふふふ・・・」

笑っていた。

期末試験前
俺の部屋で、勉強している佐奈。
俺は、家庭教師。
ひと段落して、ベッドへ。でもこの日、佐奈は生理前。
いつ始まるかもしれないと、鞄にナプキン持参している。
タンポンは、まだ使っていないらしい。

ベットの下に座り、俺のものを含む佐奈。
今では、その口使い、舌使いが、いやらしくエロい。

「ねえ・・この前、見ちゃったの・・・」
「何を?・・・」
「デパートで買い物をして、トイレに向かっていた時、ずっと前を、同じ高校の制服着たカップルが歩いていて、角を曲がっていくのよ・・・私も普通に歩いていくと、その二人が、入っちゃったの・・・」
「え?・・・どこへ・・・」
「個室のトイレに・・・」

おそらく先輩だという。二人は、障害者用多目的トイレに、一緒に入っていたらしい・・・

「どう思う?・・・」
「そりゃ・・・エッチしかないでしょ・・・」
「やっぱり、そうか・・・」
「佐奈も、興味ある?・・・」
「う・・うん・・・ちょっと・・・」

試験明けの放課後
俺の車で、ショッピングモールへデート。平日は、がらんとしている。
もしかすると、店員の方が多いかもしれないくらいに。
駐車場に止め、エレベーターで、3階へ上がる。
3階は、大手家具販売店のフロアだ。
その通路を、佐奈と手を繋いで、反対側のエレベーターまで、まっすぐに歩いた。
制服の、短いプリーツスカートから出ている白い足がたまらなくソソる。
二人だけの会話をする。

「ほら、見える?・・・あのマーク・・・」
「うん・・・」
「エレベータの前で、左に曲がるよ・・・」
「うん・・・」

家具の陳列通路を歩く。

「行くよ・・・」
「大丈夫かな?・・・」
「大丈夫・・・」

エレベーター前で、左に曲がった。その奥は、トイレだ。
手前に、休憩スペースがあり、年配のご婦人が、休んでいた。
その前を通り過ぎ、奥へと歩いた。
手前が男子トイレ。奥が女子トイレ。
手前で立ち止まり、入ったところに、障害者用個室があった。

佐奈の手を引き、男子トイレのアーチを入り、手前の個室に入った。
鍵を閉め。鞄を置く。
向かい合い、抱き合ってキス。

「大丈夫かな・・・・」
「来ないよ・・・鍵かかってるし・・・」

佐奈のスカートの中へ、パンティ越しになぞる。
そして、パンティの中へ、指を入れると、割れ目は、潤っている。

佐奈も、興奮しているんだ。
ジーンズのファスナーを降ろすと、佐奈はしゃがみこんだ。
俺のものを含み、優しいスロート。
俺は、ポケットから、コンドームを出す。
コンドームを装着し、佐奈を向こう向きに手すりに掴ませる。
パンティを腿まで降ろし、位置を決める。
背後から・・・・腰を進めていく。

「あうっ・・・う・・あ・・ああ・・」

佐奈が声を上げる。

「だめだよ・・・しーっ・・・」

佐奈も腰をつかみ、腰を前後する。
感じている佐奈。ふらついている。

「う・・・あっ・・・だめ・・・」

それでも、ピストンする。佐奈の腰が落ちそうになる。
奥深く・・・放出した。

荒い息を吐く佐奈。肩で息をしている。
抱き寄せて、髪を撫でる。

「ありがとう・・・」
「うん・・・」

パンティを履き、俺はティッシュで処理して、、ジーンズを戻す。
鏡で、髪を整える佐奈。スカートを調え、

「出るよ・・・」
「大丈夫?・・・」

足音がしない・・・ゆっくりとロックを外す。
少し開けても、気配はない。
扉を開け、佐奈の手を引き、個室を出た。
男子トイレから、出た。

足早に、歩いた。先程のご婦人は、いなかった。
エレベーターで、1階に降りる。
中で、キス。

「どうだった?・・・」
「あーもう、ドキドキもの・・・焦ったよ・・・」

そう言って、エレベーターを降りた。


引用元サイト:ナンネット|投稿 エッチ体験
引用元掲示板:最高のエッチ体験告白 > JK1年の彼女

注目ニュース

相互RSS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。