伝言サービスで始めての女性の伝言が、、、


不倫体験告白スレより


1: 投稿者:あつし ◆jG/Re6aTC. 投稿日:2012/07/16 18:30:18

はじめまして。
今まで皆さんの投稿を拝見するだけでしたが、投稿してみたいと思います。
読みづらい事もあると思いますが、やさしく見守っていただければ幸です。

昔は携帯キャリアが伝言サービスを行っていたころ、、、、
連休の中日で家族が出かけて暇な私は色々残された伝言を聞いていました。
その頃は女性も積極的にお相手を募集していました。そこで始めての女性の伝言が、、、

「連休で暇してます。誰か遊んでもらえませんか?
 30代の主婦で~す。できれば話の合う同年代の方でお願いしま~す。」

と、非常に軽いお誘い。私も軽いノリで、、、

「私も暇しています。同じ大阪なので車で迎えに行きますからどこかドライブ行きませんか?
 同じく30代の既婚サラリーマンです。」

と残しました。すると、5分後。返信が!

「夜7時までしかあえないですけどいいですか?
 待ち合わせは難波の高島屋のあたりがうれしいな~(^o^) 」
と嬉しいお誘い。

プロフィール・車の特徴などをやりとりしながら1時間後には高島屋近辺に到着。
無事お会いできました。
お名前はあけみ(仮称)さん。
極、普通の主婦がちょっとオシャレして買い物という出で立ち。
ドライブしながらいろいろと話をしました。
天気の話とかご主人の愚痴などを聞きながらご要望の海が見たいとのことなので大阪港の方へ。
人が少ないところを選んで車を止め、また話をしていると急に、、、

あけみ「私はそんなに魅力ないの?」、、、、と、
私 (?o?)
あけみ「全く手を出そうとしないし、、、、」、、、、と、直接的なお誘い。
私 「手を出して欲しいの? ふふふ」
あけみ「だって、、、、、そのつもりじゃなかったの?」
私 「じゃあ」 と手を握って引き寄せキスしました。
あけみ 「あぁ~」と早くも吐息が、、、
私 「キスは好きなの?」
あけみ 「キス久しぶりだったし、上手だから、、、、」と嬉しいお褒めのお言葉。
私 「じゃあ次は、、、」と目を見つめながら、人差し指で唇から喉、お腹となぞって行くと
あけみ 「あっ、あっ、ふふ、、、感じてくる」ともじもじ体をよじり始めました。
私 「俺も、あけみさんが感じてる声を聞いて大きくなっちゃった。触ってみる?」
あけみ 「うん(^o^) ほんと大きくなってるし、すごく長い」
私 何も言わず、服の上から乳首を人差し指でつつく。
あけみ 「ハアハア」と息も少しずつ荒くなり、俺の局部を触る手も段々と形を
確かめるように手で包んでくる。
私 「直接触ってごらん。ファスナー開けて、、、」と誘うと、、、
あけみ 「ふふふ じゃあ、、、、」と光る目をしながら、ファスナーを開けて、、、
    「あぁ~すごい 大きいし、固い」と目は釘付けで、両手で擦り始める。
私 「乳首が固くなって服の上からでも分かっちゃうよ。ほら、、、、スケベやな~あけみ」
と言葉攻め。
あけみ 「だって、旦那が全くしてくれないし、、、、」
と、言い訳をしながら、でも手はしっかり握って離さない。
私 「じゃあ、久しぶりの○○ポやね。美味しそうかな?」
あけみ 「うん」と目はウルウル。
私 「舐めたい? 舐めていいんだよ ほら、、」と○○ポをヒクヒクさせると、、、、
あけみ 「すごく元気やね。」といいながら、段々と近づいて、、、
確かめるように口の中でゆっくり味わい出した。

私 「美味しい?」
あけみ 「うん とっても」と頬張ったままの返事。
咥えて下を向いているからお尻は無防備。手を伸ばしてお尻を少し強めに揉むと
お尻が複雑に動き出す。
でも口は放さない。両手でお尻を開くようにすると段々と激しくなるお尻の動き。
スカートの中に手をすべりこませ、お尻から○○コに指を伸ばすと、もうトロトロです。

私 「すごい濡れてるね。 スケベなあけみちゃん ヌルヌルで指が勝手に入っていくよ」と、
まだ言葉攻めをしながら指でいじると、咥えた口を放して、手ではしっかり握ったまま
「あぁ~ダメ」と逝ってしまいました。

私 「随分敏感だね~ ほんとにスケベやね」
あけみ 「久しぶりやったし、、、、触り方が優しい!」と、、
私 「ところで、お口入れるだけでいいの?
 久しぶりに奥まで激しく突かれたいんじゃない?」と振ってみると
あけみ 「うん」と照れながら、、、、
私 「じゃあ、ラブホに行こうか? 着くまで舐めてていいよ」と車をスタートしたら、
パクッと咥える素直なあけみ。

咥えたまま30分くらいで適当なラブホに到着。
そろそろ時間もなくなってきており急いで服を脱ぎかけた。
が、あけみは感じすぎたのか服を脱ぐのもモタモタ。
その脱ぎかけた乱れた服装に刺激され、そのまま襲い後ろからハメました。
ずっと○○ポを咥えてたので、ヌルヌルでスムーズに奥まで到着。

あけみ 「あぁー 奥までかき回して~」と箍が外れたみたいです。
「めちゃめちゃに犯して~」というので、お尻をスパンキングしながら奥に当てると
潮を吹いて床に崩れてしまいました。
私 「スケベなあけみさん ほら、俺はまだいってないよ。 立って」と言い、
近くにあった洗面台につかまらせて又後ろから。
  「ほら鏡を見てごらん。うっとりしたあけみが映ってるよ。」といいながら
ゆっくり奥まで抜き差しすると、、、
あけみ 「あぁ~ いやらしい顔している~ 気持ちいい~ あぁ~ また ダメ あぁ~」
と逝きそうなので、今度は両手で左右のお尻を叩くと「お○こいい~」と絶叫してまた床へ。
自分の潮でビチョビチョです。

そろそろ時間もないので逝かせてもらいたいので、床でお尻をあげさせてまた入れて、
激しく動かすと訳の分からない言葉を叫びながら何回も逝ってました。
そろそろ、と腰を持って一番奥に当てたままドクドクと発射したところ、
「あぁ~出てるの分かる~ また逝っちゃう~」と、、、、

お互い汗まみれ(潮まみれ?)の体を洗いっこしながら、また難波に送って生きました。

相性はよかったみたいで、3年くらいお付き合いさせていただいた良い思い出です。
長文、失礼しました。


引用元サイト:
夫婦生活|ナンネット
引用元掲示板:
不倫体験告白 > 遠い昔のお話


注目ニュース

相互RSS