バカ姉 その6 『可愛い女』


近親相姦 経過報告スレより


1: 投稿者:ともゆき 投稿日:2012/05/12 16:32:16

可愛い女

『あいこ』は黙って僕の手をオッパイに当てさせ、自分の手をそえてゆっくり回すように
揉み始めました。

僕が自分で揉み出すと、『あいこ』は手を離して目を閉じました。
柔らかなオッパイは手に吸い付くようで、モミモミしてると指の間から溶けて落ちそうです。

そんな柔らかくトロトロな感じの中にポツンと、コリコリしているのが乳首でした。
そこを摘んだり弾いたりすると『あいこ』がピクピク反応しました。
すると黙って見ていた姉が、

「もう、入れて上げな。」

と、僕のヘタな愛撫よりも挿入をすすめました。
正直、乳首を舐めようかと思ってたので、イラッときました。

『あいこ』が下になり、足を抱えてくれました。
プックリしたマンコがパックリ割れて、ぬるっとして光ってました。
僕はチンポを握りしめて入れようとしましが、初めての『ちゃんとした』セックスなので、
なかなか上手くいきません。

見兼ねた姉が、チンポを握って『あいこ』の入り口に当ててくれました。
姉がケツを叩いて挿入を促したので、僕は腰を進めました。

「…お前、中で出したら…、ホント殺すからな!」

『あいこ』が僕の下で小さく呻き、顔をしかめて、また僕を脅しました。
今度は全然怖くありませんでした。

僕の下でチンポを受け止めている『あいこ』が、とても小さく、か弱く見えました。
マンコの中がキツキツなので、余計にそう思えました。

時々、ビクッとのけ反って、『ウッ』と呻くのが、『あいこ』なのに可愛いかったです。

「ともゆき、こうやって『の』の字を書いて…」

また姉が横から口をはさみました。
僕の腰に手をそえて、動かし方を教えました。

「…逆じゃん。あたしが…教えてやるんだから…」

『あいこ』が顔を真っ赤にして言いました。
何だか、ちょっと、別の女の人とセックスしてる感じになりました。

ちょっとずつ挿入がし易くなった『かな?』と思うと、突然マンコが『キューッ!』と絞まります。
その度に『あいこ』の声が大きく、エロっぽくなってきました。

「こうやって、腰を回して…、違うわよ…」

姉が僕の後に回って、裸の下半身を密着させて、一緒に腰を動かしました。
チンポの先っぽでマンコの中の『何か』をクリクリすると、『あいこ』が、

「あっ、くう~~~っ!」

と、大きな声を上げて、物凄いブリッジをしました。

「ダメッ、ダメッ、それっ………、効くぅーーーっ!」

何がどう効くのか全然分かりませんでしたが、『あいこ』が凄く感じてくれました。
姉が二つの動かし方を交互にやるようにと、教えてくれました。

「どお?ともゆきのチンポ。気持ち良いでしょう?」

僕が聞きづらかった事を、姉が聞いてくれました。

「…うん、気持ちイイ~ッ!」

『あいこ』が素直に受け答えしたのを、初めて見ました。
頭を左右に振って見た目辛そうでしたが、姉は僕にOKマークを作ってみせました。

「じゃあ、バックでやってみよう!」

姉が肩をポンっと叩きました。でも、『あいこ』が、

「ダメ、ダメっ!バック、ダメーっ!」

と、かすれた声を搾り出すように出して拒みました。
でも、姉は言い出したら聞かないので、『いいから、いいから、』と言って、
『あいこ』の身体を裏返してしまいました。

逆ハート型のお尻が現れました。
クビレが凄くて、ホントにデカいです。
そのクビレを抱えて入れようとしたら、あの『あいこ』が半ベソかいて、目で
『やめて』と訴えてきました。

身体をよじって振り向いたポーズと、『あいこ』の眼差しに、何と言うか、やられました。

「『イヤヨ、イヤヨ』も好きのウチ。良いではないか、良いではないか!」

バカ姉が『バカ殿』のマネをしながら、お尻をフタしてた『あいこ』の両手をよけました。
『あいこ』が何か言ってましたが、無視してチンポを挿入しました。

最初と違って、今度は入り口がポッカリ開いてたので、入れ易かったです。
チンポがズブズブッと入ると『あいこ』が、

「ダメっ、無理、無理ーっ!」

と、言いましたが、姉が『無視、無視!』と小声で言って、さっき教えた腰遣いをするように
指示しました。

「あっ、あっ、あっ、」

僕が腰で『「の」の字』を書くと『あいこ』が、それまでと違う反応をしました。

苦しそうに背中を丸めて、ベッドを掴んだりしました。
その背中を姉が両手でギューッと押しました。
『あいこ』がベッドに顔を押し付けてくぐもった声で泣きました。

お尻が天井を向いたので、出し入れし易くなりました。
収縮するお尻の穴が、エロさ満開でした。
『あいこ』の声が大きくなりましたが、僕たちは周りのことなんて気にしませんでした。

「えっ?『あいこ』来てるんじゃない?来てる?来てる?」

急に姉が興奮して、『あいこ』に確認し出しました。
『あいこ』が小刻みに震え出し、鳥肌を立てました。

「うん、来てる!来てる!」

と、泣き声混じりで繰り返すと、何だか分からないけどバカ姉がさらにテンションを上げて、

「ほらッ!ともゆき、止まるな!腰振って、振って!」

と、僕のケツをバシバシ叩きました。
僕はさっぱり分からず、『あいこ』のマンコに無心で腰をぶつけました。
『あいこ』の泣き声を聞いてたら、またチンポが痺れてきました。

「……………ああぁっ!」

と、『あいこ』が大きく叫びました。
叫んだかと思ったら、ベッドに突っ伏して大きくのけ反り、ビクンビクンと痙攣しだしました。
僕は、あまりに激しい『あいこ』の反応にビックリしてしまいました。

そしたら、チンポが物凄く強烈に締め付けられました。
僕は一気に込み上げてきましたが、『あいこ』にしがみついて必死で射精感を我慢しました。

「…イクぅ~~~っ!」

下から『あいこ』が、小さく呻く声が聞こえました。


引用元サイト:
近親相姦 禁断の世界|ナンネット
引用元掲示板:
近親相姦 経過報告 > バカ姉 その6


注目ニュース

相互RSS